4月172013

2013全日本ロードレース選手権シリーズ第2戦鈴鹿2&4結果

 

左肩の痛みを堪えて中須賀克行が5位でレースを終える

開幕戦ツインリンクもてぎでは、転倒により肩を痛めながら、雨というコンディションもあって3位の表彰台に立つことができたヤマハ・YSP・レーシング・チームの中須賀克行。その開幕から2週間後に行われた鈴鹿サーキットでの第2戦は、やはり左肩の痛みとの戦いとなり、5位でレースを終えた。
開幕戦のツインリンクもてぎは、ストップ&ゴーというコースレイアウトから、ブレーキング時に襲う肩の痛みに堪えればよかったが、高速コーナーや切り返しのコーナーが多い鈴鹿サーキットでは、常に痛めた左肩に負担がかかってくるのだ。
こうした状態で、中須賀は予選5番手からスタートし、オープニングラップを終えたとき、秋吉耕佑、高橋巧(ともにホンダ)、柳川明(カワサキ)、津田拓磨(ヨシムラスズキ)に次ぐ5番手で、予選でのポジションをキープ。
しかし、そのオープニングラップの200Rで転倒したマシンのパーツがコース上に散乱。これでペースカーが導入され、6周目からレースが再開される。そしてその6周目、加賀山就臣(スズキ)がリスタートで一気に4番手へとポジションアップ。同じく6周目に中須賀は津田に抜かれて6番手にポジションダウンするが、7周目のダンロップコーナーで津田を抜き返すと、今度は加賀山、柳川との3位争いを展開する。だが、10周目にタイムを上げた加賀山がこの集団を抜け出すと、トップ秋吉、2番手の高橋とともに単独走行。中須賀は、最後まで柳川を追うが、レース終盤ではタイムが伸びず、単独走行になった柳川に次ぐ5位でチェッカーとなった。

2013MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦もてぎで3位入賞
2013MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦もてぎでYSP Racingを応援しよう!
モータースポーツ国内の各カテゴリー最高峰クラス 2013年 ヤマハ主要チーム体制について



カテゴリー:お知らせ |タグ:       パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする