4月262013

「ヤマハ・YSP・レーシング・チーム」の中須賀克行選手が東京運動記者クラブ/モータースポーツ分科会 2012年度 優秀選手賞を受賞

中須賀克行
「ヤマハ・YSP・レーシング・チーム」の中須賀克行選手が、東京運動記者クラブ/モータースポーツ分科会が選出する2012年度の「優秀選手賞」を受賞し、4月13日(土)、2013MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第2戦(鈴鹿サーキット)の会場にて、トロフィーを授与されました。中須賀選手の受賞は、昨年の全日本ロードレース選手権JSB1000クラスで3度目のチャンピオン獲得をはじめ、スポット参戦したMotoGP最終戦バレンシアGPでMotoGPクラス2位獲得が高く評価されてのもので、二輪ライダーがこの賞を受賞するのは、特別賞を含めて 2007年の阿部典史選手など5人目となります。  なお、この東京運動記者クラブ/モータースポーツ分科会は、東京に在籍する新聞、ラジオ、テレビの記者で構成されおり、2012年度は中須賀選手のほか、最優秀選手賞に小林可夢偉選手(四輪ドライバー)、優秀選手賞に中嶋一貴選手(四輪ドライバー)、特別賞に鈴鹿サーキットが選ばれました。
中須賀克行
中須賀克行選手談:「自分自身でも、昨年は最高の1年だったと思っていますが、シーズンを終えていろいろな賞をいただくたびに、本当に良い体験をした1年だったと改めて感じています。今回、東京運動記者クラブ/モータースポーツ分科会の優秀選手賞をいただき本当に光栄です。同時に、こうした賞をいただくたびに、昨年以上に今年も頑張ろうと気持ちが引き締まります」
2013MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦もてぎで3位入賞
2013MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦もてぎで3位入賞
2013MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦もてぎでYSP Racingを応援しよう!
モータースポーツ国内の各カテゴリー最高峰クラス 2013年 ヤマハ主要チーム体制について



カテゴリー:お知らせ |タグ:   パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする