6月032013

2013全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦オートポリス 中須賀克行が優勝!!

■大会名称:2013全日本ロードレース選手権シリーズ第3戦オートポリス
■カテゴリ:JSB1000クラス
■開催日:2013年6月2日(日)
■開催地:オートポリス(4.674Km.km)
■周回数:16周
■天候:曇り ■コース:ウエット ■気温:14度
■観客数:13,500人
■PP:柳川 明(カワサキ/2分01秒009)
■FL:加賀山 就臣(スズキ/1分58秒476)
大混戦を制して中須賀克行が今季初優勝!!

中須賀克行が、地元・九州のレースで、秋吉耕佑(ホンダ)、柳川明(カワサキ)との激戦を制して今季初優勝を飾った。

ウエットコンディションで行われた予選で3番グリッドを獲得した中須賀克行。シーズンオフに痛めた肩も前戦よりも快方に向かっており、地元・九州のレースで巻き返しを誓う。

決勝レースは、雨は降っていないものの路面はウエットで、ウエット宣言が提示されて2周減算の16周で争われることになった。こうした中、第1コーナーに中須賀は、ポールシッター柳川明(カワサキ)、加賀山就臣(スズキ)に次ぐ3番手で進入。しかし、第1ヘアピン進入で秋吉にパスされて4番手に後退してしまう。だが、すぐに中須賀は加賀山をパスすると、3番手でオープニングラップを終了する。

2周目に入ると、柳川、秋吉、中須賀の3人がペースアップ。後続を引き離すと、トップは三つ巴のバトルとなった。その中で、2周目の第2ヘアピンで秋吉が柳川をパスしてトップに浮上。中須賀は、柳川の隙をうかがうが、なかなかパッシングのチャンスは訪れない。するとトップ秋吉がペースを上げはじめ、これを察知した中須賀は6周目の最終コーナー手前から柳川を強引にプッシュして逆転に成功、すぐに秋吉を追い始める。

だが、3番手となった柳川も、再びペースを上げ、8周目に中須賀をパス。さらに9周目の第1コーナーでは秋吉をもパスしてトップに浮上する。その後の11周目の第1ヘアピンでは、今度は秋吉が柳川をパスしてトップに返り咲く。一方、3番手の中須賀はタイヤ温存をはかりながらチャンスをうかがう。そして12周目に柳川をパスして2番手に上がった中須賀は、14周目の第1コーナーで秋吉をパスしてトップに躍り出た。13周目からファステストラップを連発する中須賀は、14周目終了時点で2番手の秋吉に約1秒差を築くと、最終的に2位の秋吉に3秒5の大差を築いて今季初優勝、昨年に続いてオートポリス2連勝を遂げた。

中須賀克行選手談(優勝)
「今回は、地元・九州でのレースだったので、家族や友人も応援に来てくれているので、絶対に勝ちたいという気持ちが強かったですね。スタート前のウォーミングアップランで、コースのところどころが乾いていたので、無理にプッシュするとタイヤに負担がかかるので気をつけようと思っていました。レース途中では、タイヤ温存に務めましたが、ラスト3周でトップに立った時には、もうタイヤが終わってもいい、とにかく全開で行けるところまで行くと気持ちを固めました。開幕戦、第2戦と秋吉さんに逃げられているので、とにかくここでは秋吉さんの独走だけは阻止したいと思っていました。優勝できて本当にうれしいし、このコースコンディションが、今回は僕に合っていました」

深谷佳範監督(YSP久留米)
「私も、このオートポリスで草レースに参加しているのですが、やはり全日本ロードレースの最高峰クラスのスターティンググリッドに立った時は、身震いしました。しかも、中須賀選手が優勝し、表彰台に立つこともできました。本当に見晴らしが良かったですし、こんな貴重な体験をさせてくれた中須賀選手には、本当にありがとうと言いたいです。それにしても中須賀選手はすごいですね。ライディングスタイルも独特なもので、迫力があってかっこいい。怪我をしている肩の状態もかなり回復してきたと聞いているので、このオートポリスでの優勝をきっかけに、今後のレースでさらに活躍していただきたいです。今回は、100人を超す応援団を結成しましたが、中須賀選手の人柄に触れ、さらにレースではすごい混戦を制して優勝してくれて、みんな本当に満足しています。中須賀選手、本当にありがとうございました」

6月30日筑波サーキットへYSP Racingを応援しに行きませんか!
2013全日本ロードレース選手権シリーズ第2戦鈴鹿2&4結果
「ヤマハ・YSP・レーシング・チーム」の中須賀克行選手が東京運動記者クラブ/モータースポーツ分科会 2012年度 優秀選手賞を受賞

 



カテゴリー:お知らせ |タグ:       パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする