6月172013

Moto GP Rd.06 6月16日 カタルニア ロレンソ今季3勝目を飾る、ロッシは4位

ロレンソやったね

■大会名称:MotoGP第6戦カタルニアGP
■開催日:2013年6月16日(日)決勝結果
■開催地:スペイン/カタルニア(4.727km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:31度 ■路面温度:52度
■PP:D・ペドロサ(1分40秒893/ホンダ)
■FL:M・マルケス(1分42秒552/ホンダ)

ロレンソ今季3勝目を飾る、ロッシは4位

ヤマハ・ファクトリー・レーシングのJ・ロレンソが優勝。同チームのV・ロッシは4位、モンスター・ヤマハ・テック3チームのB・スミスは6位、C・クラッチローは転倒リタイアだった。

予選3番手、フロントロウのイン側発進のロレンソは、綺麗なスタートを決めホールショットを奪うとその後レースをリード、中盤は2番手D・ペドロサ がすぐ後ろに迫るシーンもあったが、終盤は少しずつリードを拡大し最終的には1秒7差で優勝を飾った。ロッシは予選7番手3列目発進だったが、序盤から トップ集団に食い込む展開。序盤はロレンソ、ペドロサ、M・マルケス、クラッチローのすぐ後の5番手につける。クラッチローの転倒で4番手に上り、その後 は前を行くマルケスを追うが及ばず4位でゴールした。

モンスター・ヤマハ・テック3チームでは、モトGPルーキーのB・スミスと3戦連続表彰台を目指していたC・クラッチローが明暗を分ける結果となっ た。スミスは自己ベストの6位を獲得。一方のクラッチローは6周目、4位走行中に転倒してリタイアとなった。スミスは前回のムジェロで2度の転倒。左手小 指損傷と左手首のひびに悩まされながら臨んだ今回も、ウイーク初日に大転倒を喫して厳しい状況に追い込まれていた。しかし決勝ではわずか3ラップで10位 まで浮上。路面温度が52度まで上がり、タイヤ・コントロールが重要なファクターとなったこのレースで、ルーキーとは思えない巧者ぶりを見せてその後も着 実に順位を上げていった。そして一時は4秒以上も離されていたA・ドビツィオーゾを追い詰め、23ラップ目でついにパス。6位に上げてチェッカーを受け た。

一方のクラッチローは、午前中のウォームアップ・セッションでトップに立つなど非常に好調で、周囲の期待も高まっていた。決勝ではロレンソ、ペドロ サ、マルケスのスペイン人トリオの後ろにつけていたが転倒。ル・マン、ムジェロに続く3回目の表彰台は実現しなかった。シリーズポイントでは合計71ポイ ントとなり、ランキング4位をキープ。次回アッセンでは、もう一度表彰台獲得を狙う。

次回のオランダ戦も応援宜しくお願いいたします。



カテゴリー:お知らせ |タグ:         パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする