7月012013

ヒルマン佐藤の材探しツーリング 茶農家『八蔵園』


ヒルマン佐藤の材探しツーリング 茶農家『八蔵園』
ツーリングの朝、5時にセットした目覚ましのアラームの前に、雨音で目が覚めた。
昨夜からの雨が未だ降り続いているのか……。ふて寝を決め込みたい程、昨夜は思いがけず夜更かしだった(週末でお店が忙しかったので♪)。あっ!そうだ、今日は大好きな“お茶”に出逢いに行く日だ!そう思うと一気に目が覚めた!お茶は大好き、心が躍る。
お茶が大好きで、紅茶、中国茶、ハーブティーそして日本茶とさまざまなお茶を毎日の生活で楽しんでいる私。最近は若者のリーフ茶離れが深刻で、家庭に急須がないことが当たり前になっているのだとか……。
これはとても悲しいこと。忙しい毎日の中でも、お茶を楽しむ心の余裕はいつも持っている。その時間は、今まで出会った美味しいお茶たちが私に授けてくれたものなのだと、感謝している。豊かな香りと共にホッと一息つけば、一瞬で気分を変えてくれ、飲めば薬効もあると言われるお茶たちの魅力。
ぜひお茶のある生活を体験してもらいたいし、できれば、茶葉から煎れた美味しいお茶を飲んでもらいたいと思う。シャワーを浴び、身支度を整え、いざ出発!ラッキーなことに、走り出す頃には雨はやんできた。
さすが晴れ男!←自画自賛(笑)。
今回伺うのは山深いお茶の里、静岡県西部の春野町。標高450メートルの中、山間地で有機茶を自園自製直販している『八蔵園(やぞうえん)』さん。2時間弱の道中、『マジェスティ』の中低速域のパフォーマンスを重視したエンジン特性を、ヘルメットの中でニヤけちゃうほど感じながら、軽快かつスムーズな走りに気分は上々♪遠く小さな雲の切れ間から青空が見えた。天気は回復するなと直感。さらに気分は上向きに!
美しい画像も沢山ご覧いただけます。詳しくはこちらから
ヒルマン佐藤のモーターサイクル・デ・フレンチ「ツーリングで全国食材探しの旅」
ヒルマン佐藤の瀬戸内と江田島、美味い地鶏と豚に出会う旅その2
クルーザーで、旅に出る『クルーザー旅学』



カテゴリー:お知らせ |タグ:       パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする