7月262013

ヤマハをデザインするGKデザインの足跡を見に行きましょう!

世田谷美術館 企画展
世田谷美術館企画展 「榮久庵憲司とGKの世界 - 鳳が翔く(おおとりがゆく)」

ヤマハ発動機創業時から製品のデザインを担い、「デザインのヤマハ」の基礎を導く原動力となったGK(現、GKデザイングループ)の展覧会をご案内いたします。
VMAX、YZF-R1といったヤマハのフラッグシップモデルもGKのデザインであることはご存知の方も多いと思いますが、バイクはもちろん、マリンなどの他事業の製品も手がけています。
GKデザイングループはヤマハ製品に限らず、幅広い領域を対象にソフト・ハードにいたる一貫したデザインを柱としてグローバルに活動しています、
その足跡を辿れば、生活道具や家電、鉄道車両、航空機のシート、建設機械のデザインから博覧会場の施設や都市のインフラストラクチャーにまでいたります。
あの、誰もが知っている、キッコーマンさんのしょうゆ卓上ビンや、成田エクスプレス・新幹線こまちもGKのデザインです。ご存知でしたか?

本展覧会では、榮久庵氏が説く「道具世界」を中心に、製品化されたものやその模型、将来へのプロポーザル、さらには、人と自然と道具が美しく共生する世界を具現化したインスタレーション等によって、デザインの世界像を紹介しています。

是非、この機会に世田谷美術館へお越しください。

※展覧会の内容をご紹介したブログ
「GK Dynamics 展覧会ブログ」http://www.gk-design.co.jp/dynamics/pg243.html
「YAMAHA Riding Works」http://blog.yamaha-motor.jp/2013/07/20130725-001.html
2013年7月6日土曜日 ― 9月1日日曜日
世田谷美術館 Setagaya Art Museumhttp://www.setagayaartmuseum.or.jp/
開館時間:午前10時─午後6時(入場は午後5時30分まで)休館日:毎週月曜日(ただし7月15日月曜日・祝日は開館、
翌日7月16日火曜日は休館)観覧料:一般1000(800)円、65歳以上800(640)円、
大高生800(640)円、中小生500(400)円*( )内は20名以上の団体料金。障害者の方は500円
(介助の方1名までは無料)、大高中小生の障害者の方は無料



カテゴリー:お知らせ |タグ:   パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする