10月082013

2013全日本モトクロス選手権 第8戦関東大会


■大会名称:2013全日本モトクロス選手権 第8戦関東大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2013年10月6日(日)
■会場:ウエストポイント オフロードヴィレッジ(埼玉県)
■レース:30分+1周 ×2ヒート
■天候:曇りのち晴れ ■観客数:8,000人

全日本モトクロス選手権第8戦関東大会が、10月5日・6日と埼玉県川越市のウエストポイントオフロードヴィレッジで開催され、IA1クラスに YZ450FMで参戦する「ヤマハ・YSP・レーシング・チーム」の平田優が、第1ヒート6位、第2ヒート4位の総合5位となった。チームメイトの田中教 世は、前戦の近畿大会公式練習中に転倒し負傷した影響で今大会は欠場となった。

またレディースクラスでは、安原さや(名阪レーシング)が2位表彰台を獲得した。

IA1:平田 優が総合5位
土曜日からの雨が決勝の朝方まで残り、今シーズン第2戦の関東大会同様、マディコンディションで行われたIA1クラスの第1ヒート。予選2番手と好 調さを見せていた平田は、スタートで集団に飲み込まれるも徐々に抜け出し、オープニングラップを8番手で終える。しかし3周目に2コーナーで転倒し3つほ ど順位を落としてしまう。しかしそこから気持ちを持ち直してレースに集中。6周目には5番手増田一将(ホンダ)、深谷広一(ホンダ)、新井宏彰(カワサ キ)に続く8番手まで挽回。10周目には7番手まで順位を落としていた増田を、14周目には深谷を交わして6番手まで浮上し、前を行く新井を追うが、その まま6位でレースを終えた。

優勝は、序盤から小島庸平と熱田孝高の2台のスズキ勢、そして星野優位(ホンダ)とトップグループを形成し、10周目頃から後続をぐいぐひ引き離した成田亮(ホンダ)。

日差しが痛いほどに強まり、ぬかるんでいた土が徐々に固く重くなったコンディションのなかで行われた第2ヒート。第1ヒートよりも少しイン側からス タートした平田は再び中団で1コーナーに進入。1周目こそ11番手となるが、3周目には成田、小島、熱田、新井、増田、小方誠(ホンダ)に続くトップ集団 後部の7番手まで浮上する。その翌4周目、2番手の小島が転倒。その混乱を冷静に対処した平田は6周目には熱田をパスし、成田の後ろで2番手争いを展開す るグループ、小方、新井に続く4番手となる。表彰台獲得を狙って前を行く新井に追いすがるが、8、9周目頃からバックマーカーが出始めたこともあって、 徐々に引き離され始め、結局単独4位でゴール。平田は総合5位で33ポイント獲得し、シリーズポイント299のランキング3位。

レースは一度もトップを譲ることのなかった成田が第1ヒートに続き優勝。これによりポイントランキングでは、310ポイントで1位の小方から4位の成田までが12ポイント差の中でひしめくいっそうの混戦状態となった

全日本MX第8戦「関東大会」川越ウェストポイントに行こう♪



カテゴリー:お知らせ |タグ:           パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする