10月202013

速報!MotoGP第16戦オーストラリアGP

 

■大会名称:MotoGP第16戦オーストラリアGP
■開催日:2013年10月20日(日)決勝結果
■開催地:オーストラリア/フィリップアイランド(4.448 km)
■コースコンディション:ドライ
■PP:J・ロレンソ(1分27秒899/ヤマハ)
「これで、日本GPががぜん楽しみになってきました!台風来ないで…」

ライダーの安全面を考慮して、バイク交換が義務付けられた中、ランク2位のロレンソがポールポジションから今季6勝目。ランク3位のペドロサが2位を獲得すれば、ランク4位のロッシが3位に進出。ポイントリーダーのマルケスは、バイク交換の規定周回数を越えたことから黒旗失格となり、タイトルの行方は次戦日本GPに持ち越された。

第16戦オーストラリアGPの決勝レースは20日、フィリップアイランド・グランプリ・サーキットで行われ、ランク2位のホルヘ・ロレンソが優勝。今季6勝目を挙げて、ポイントリーダーとのポイントギャップを18ポイント差に詰めた。

気温28度。路面温度34度のドライコンディションの中、ポールポジションのロレンソは、ホールショットを決めると、ライバルたちからのプレシャーに耐えながらポジションを堅守。10ラップ目にバイクを交換して、最後までトップを譲らなかった。5番グリッドのダニ・ペドロサは、9ラップ目に誰よりも早くピットインして、バイクを交換することを決断。2位に進出して、今季11度目の表彰台を獲得した。
3番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、3人による3位争いに競り勝って、今季6度目の表彰台を獲得。カル・クラッチロー、アルバロ・バウティスタ、ブラドリー・スミス、ニッキー・ヘイデン、アンドレア・イアンノーネ、アンドレア・ドビツィオーソが続いた。CRT勢では、ランディ・ド・プニエが今季最高位の10位に進出。ウォームアップ走行で18番手だった16番グリッドの青山博一は、10ラップ目と16ラップ目にピットインをして20位。

ウォームアップ走行で1番時計を記録した2番グリッドのマルケスは、11ラップ目にバイクを交換。10ラップ以内でのバイク交換義務を無視したことから、黒旗が提示されて失格となった。チャンピオンシップは、ポイントリーダーのマルケスに対して、ランク2位のロレンンソが18ポイント差、ランク3位のペドロサが34ポイント差に接近した。
次戦日本GPは、ツインリンクもてぎで来週の25日に開幕、27日に決勝レースを迎える

順 位 ライダー チーム マシン タイム
1 J・ロレンソ Yamaha Factory Racing Yamaha 29’07.155
2 D・ペドロサ Repsol Honda Team Honda +6.936
3 V・ロッシ Yamaha Factory Racing Yamaha +12.344
4 C・クラッチロー Monster Yamaha Tech 3 Yamaha +12.460
5 A・バウティスタ GO&FUN Honda Gresini Honda +12.513
6 B・スミス Monster Yamaha Tech 3 Yamaha +28.263
7 N・ヘイデン Ducati Team Ducati +32.953
8 A・イアンノーネ Energy T.I. Pramac Racing Team Ducati +35.062
9 A・ドビツィオーゾ Ducati Team Ducati +35.104
10 R・ド・ピュニエ Power Electronics Aspar ART +37.426
11 A・エスパルガロ Power Electronics Aspar ART +46.099
12 C・コルティ NGM Mobile Forward Racing FTR Kawasaki +48.149
13 Y・エルナンデス Paul Bird Motorsport ART +49.911
14 H・バルベラ Avintia Blusens FTR +49.998
15 D・ペトルッチ Came IodaRacing Project Ioda-Suter +58.718

MotoGP第15戦マレーシアGP



カテゴリー:お知らせ |タグ:         パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする