11月102013

MotoGP第18戦バレンシアGP 最終戦 速報


ロレンソ、残念…。
■大会名称:MotoGP第18戦バレンシアGP
■開催日:2013年11月10日(日)決勝結果
■開催地:スペイン/リカルド・トルモサーキット(4.005km)
■周回数:30周(120.15 km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:23度 ■路面温度:26度
■PP:M・マルケス(1分30秒237/ホンダ)
■FL:D・ペドロサ(1分31秒628/ホンダ)

J・ロレンソ&YZR-M1が優勝
ヤマハ・ファクトリー・レーシングのJ・ロレンソが優勝。チームメイトのロッシは4位。モンスター・ヤマハ・テック3チームのB・スミスは7位、チームメイトのC・クラッチローは、6番手走行中の10周目に転倒リタイアした。このレースを3位で終えたM・マルケス(ホンダ)がチャンピオンを決定。ロレンソは4ポイント差のランキング2位でシーズンを終えた。

レース前半の焦点は10周目だった。ホールショットを奪ってリードしていたロレンソと、すぐ後方につけたD・ペドロサ(ホンダ)の闘志漲る超接近戦は、文字通り息をのむテール・ツゥー・ノーズのバトル。この周、2人のラインが僅かに膨らむ間に、3番手にいたマルケスが首位に躍り出る。ペドロサはこれで一時5番手に下がる。一方ロレンソは直後の周にマルケスをパスしてトップを奪い返すと、その後はジリジリ差を拡大。15周目に約1秒差を、20周目には約1.5秒の差を築いていく。終盤に入ってマルケスが後退して、代わりにペドロサが2番手に上ってきたが、ロレンソは2位以下を寄せ付けることなく独走してトップでゴールした。

ロッシは、序盤からトップ集団につける走り。10周目頃、トップの3人とロッシ、バウティスタ(ホンダ)の5選手は0.8秒内にひしめく展開だった。ロッシはペドロサが後退した12~13周目に3番手に浮上、14周目にはペドロサに先を譲ったが、その後は4番手をキープしてゴールした。



カテゴリー:お知らせ |タグ:         パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする