2月232014

AMA スーパークロス Rd.07 2月15日 アーリントン

Rd.07 2月15日 アーリントン
■開催日:2014年2月15日(土)
■開催地:テキサス州アーリントン
■会場:カウボーイズ・スタジアム
■観客数: 54,421人
皆さんの応援に応えて、J.ブレイトンがランキング4位に上がって来ました!本日のアトランタが楽しみですね♪

AMAスーパークロスの第5戦が、今シーズン3度目の開催となるカリフォルニア州アナハイムのエンジェル・スタジアムで行われ、スタジアムには42,139人のファンが詰めかけた。
Toyota/Yamaha/JGRMX TeamのJ・グラントは第2戦フェニックスで激しく転倒し負傷して以来、レース参加のため練習走行とトレーニングのプログラムの見直しを強いられてい た。回復に努めてきたグラントだが、プラクティスで転倒を喫してしまい、まだ完治していない肩の状態を悪化させてしまった。グラントはヒート2レースに参 加し、ここで7位となり、さらにセミ2でも7位にとどまったため、ラストチャンス・クオリファイングへと回った。4周で争われるこのLCQで2位に入った グラントは、メインイベントへと駒を進めることに成功した。 一方、チームメイトのJ・ブレイトンはヒート1レースに参加して1位と2秒差で2位となり、メインイベント進出を決めた。
メインイベントでブレイトンはオープニングラップをトップ10内の8位で終えると、次の周にはひとつ順位を上げて7位へ。一旦順位を1つ落し8位と なったが、すぐにJ・スチュワートとR・ダンジェイを抜き6位へと浮上するとレース後半もポジションを守り、そのままチェッカーフラッグを受けた。負傷の 癒えないグラントは1周目を19位で通過。痛みに耐えながらの走行を強いられたが、17位で20周のメインイベント完走を果たした。
ブレイトンは現在、シリーズランキング4位。AMAスーパークロス450クラスのメインイベント36戦連続出場を数え、6回のポディウムを含む14回のトップ5フィニッシュを果たしている。
シリーズ第8戦は2月22日土曜日、ジョージア州アトランタのジョージア・ドームで開催される。

順位 ライダー マシン ポイント
1 R・ビロポート Kawasaki 104
2 C・リード Kawasaki 102
3 K・ロックゼン KTM 97
4 J・ブレイトン Yamaha 86
5 J・スチュワー Suzuki 80
6 R・ダンジェイ KTM 76
14 J・グラント Yamaha 35
24 K・チゾム Yamaha 9


カテゴリー:お知らせ |タグ:           パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする