3月242014

2014 MotoGP第1戦カタールGP

■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP
■開催日:2014年3月23日(日)決勝結果
■開催地:カタール/ロサイル・サーキット(5.380km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:20度 ■路面温度:18度
PP: M・マルケス(1分54秒507/ホンダ)
FL: A・バウティスタ(1分55秒575/ホンダ)
Moto Gp ロッシ2位!

ロッシが2位表彰台を獲得、ロレンソは転倒リタイア

モビスター・ヤマハ・MotoGPのV・ロッシが、2014シーズンの開幕戦で2位を獲得した。予選で10位に留まったロッシはグリッド4列目から のスタートだったが、スタート直後からハイペースで追い上げ、オープニング・ラップ終了時点で6位に浮上。その後もさらにペースを上げ、残り17ラップの 第1コーナー進入でB・スミスをとらえて4位。さらにA・バウティスタもパスして3位に浮上した。次に視界にとらえたのがポール・シッターのM・マルケ ス。これを追って果敢に攻めている間にトップを走行していたS・ブラドルが転倒して戦列を離れたため、マルケスとロッシのふたりが自動的にひとつずつ順位 を上げることとなった。その後、ロッシはマルケスを捉えてトップに浮上。しかしマルケスもあきらめず、その後もコンマ5秒以下の差で激しい接近戦が続く が、残り9ラップでマルケスがトップに再浮上。ロッシもまた離されずについていき、終盤の数ラップでは優勝をかけて何度もしかけ、残り2ラップの第4コー ナーで一度前に出たものの、すぐに抜き返されてマルケスが先にゴール。ロッシは0.259秒差で2位となった。この結果、ロッシは20ポイントを獲得して ランキング2位につけた。
チームメイトのJ・ロレンソは、オープニング・ラップで転倒、リタイアとなってしまった。グリッド5位の位置からいつものように好スタートを切り、 ホールショットを奪ったロレンソだが、タイヤが暖まっていなかったため、コーナーをいくつか抜けたところで転倒を喫した。幸い怪我はなく、次のオースティ ンに向けて準備を開始する。
モンスター・ヤマハ・テック 3のB・スミスとP・エスパルガロは、ともにリタイアとなった。スミスは19ラップ目、表彰台争いを展開しながら転倒。エスパルガロは18ラップ目にマシンに不具合が出たためリタイアした。
MotoGPで自己最高の予選3位を獲得してフロントロウからスタートしたスミス。序盤は3位につけ、さらにトップを狙って果敢に攻めながら安定し たリズムをつかんでいった。そのまま上位をキープし、いよいよ勝負をかけようとした19ラップ目、第6コーナーでフロントが流れ転倒リタイアとなった。
一方のエスパルガロ。オフシーズンから昨日の予選まで順調な仕上がりを見せいたが、決勝では不運にもその成果を実らせることができなかった。決勝ス タートから10位以内につけ、ペースをつかんで好調な走りを続けたエスパルガロは、その後2台を抜いて8位へ浮上。ところが18ラップ目、ゴールまであと 4ラップというところでギアボックスに不具合が出てリタイアを余儀なくされてしまった。
NGMフォワード・レーシングのA・エスパルガロがMotoGPデビュー戦で4位獲得の快挙。チームメイトのC・エドワーズも、終始グリップの フィーリングに悩まされながらも健闘して9位を獲得した。ふたりのこの好成績により合計20ポイントを獲得し、コンストラクターズ・ランキングで3位、 チーム・ランキングで4位につけている。

順位 ライダー マシン ポイント
1 M・マルケス Honda 25
2 V・ロッシ Yamaha 20
3 D・ペドロサ Honda 16
4 A・エスパルガロ Yamaha 13
5 A・ドビツィオーゾ Ducati 11
6 C・クラッチロー Ducati 10
9 C・エドワーズ Yamaha 7


カテゴリー:お知らせ |タグ:         パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする