3月022014

モトクロス世界選手権 MXGP Rd1 カタールGP

■大会名称:2014年第1戦カタール・グランプリ ロサイル
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2014年3月1日
■開催地:ロサイル(コース長1,700m)
■周回数:第1ヒート=18周、第2ヒート=18周
■天候:曇り
■観客数:7,000人

MXGP:ファン・フォルベークが2014 MXGP開幕戦カタールで5位

FIMモトクロス世界選手権開幕戦カタール・グランプリが中東ドーハでナイトレースとして開催された。ファクトリーマシン「YZ450FM」でのデ ビューレースとなったジェレミー・ファン・フォルベークはチャレンジングなロサイル・サーキットで力走。第1ヒート、第2ヒートでともに5位に入り、総合 5位となった。

MotoGPが開催されるアスファルトのサーキットからすぐの距離にある高速で難しいサーキット、ロサイル。多くのライダーが450㏄ワークスマシンを駆るMXGPクラスのライダーたちにとっては過酷な開幕戦となった。

ファン・フォルベークは初めて2014年仕様のYZ450FMとともに登場した。好スタートこそを決めることはできなかったものの、30分と2ラッ プで争う両ヒートで素早い追い抜きを見せてトップ5へと上がった。上位グループの1分51秒、52秒台と、同等のペースで走行しており、抜け出すチャンス はほとんどなかった。

目を引くブルーのYZはファン・フォルベークを見事に引き立て、開幕戦の両レースを一貫した走りでまとめ、幸先良いシーズンのスタートを切った。

DP19 Racing Yamahaのデビッド・フィリッパーツは2012年以来、初めて乗るYZ450Fで自身の新しいチームから参加した。最上級クラスで9シーズン目をス タートするイタリア人ライダーのフィリッパーツだが、サスペンションのセットアップに若干の初期トラブルがあり、ロサイルのコースの特殊性への対応に手を 焼くことになった。元世界チャンピオンのフィリッパーツは総合12位で開幕戦を終えた。

ルイ・ゴンカルベスはBike it Yamaha Cosworth陣営のYZ450Fを駆り出場したが、インフルエンザに苦しみ、今大会は総合18位で8ポイントを獲得するにとどまった。

MX2:アンスティに不運、GP初勝利を逃す

MX2クラスは、MX1と同様、ナイトレースとして行われた。このレースで、Bike it Yamaha Cosworthのマックス・アンスティがグランプリ初優勝を目前にしながら不運に見舞われてしまった。30分プラス2周で争われる両ヒートで、ともに トップを快走したアンスティだったが、メカニカルトラブルによりヤマハでの初勝利を逃すことになった。

冬の準備期間を経て、かつてないほど好調なアンスティは、YZ250Fに乗って高いモチベーションを示していた。第1ヒート、アンスティはJ・ブー トロン(KTM)とD・フェランディス(カワサキ)を抜いてトップに躍り出ると、不運が襲うレース終盤までトップをキープ。第2ヒートでも同様に不運に見 舞われて17位に後退するまで、トップを走り続けていた。それでも失意をエネルギーに変えたアンスティは、今シーズンのMX2で警戒すべき存在であること をライバルたちに見せつけた。

クリストフ・シャリエは今大会で総合10位に入った。シャリエも大きな不運に見舞われ、加えてスタートの出遅れにより両ヒートとも序盤に遅れて消化 不良のレースとなった。第1ヒートでは序盤の転倒の後、追い上げて12位。第2ヒートではゴーグルに石が当たり、鼻から流血する事態となりながらも痛みに 耐えて走りきり、9位に入る健闘を見せた。

ピーター・ペトロフは第1ヒートで好調ぶりを示し、序盤に見事なラップタイムを記録した。しかし目の前でライダーがクラッシュし、その影響で転倒。 ペトロフは最後尾からの追い上げを強いられ、16位まで挽回したところでフィニッシュした。第2ヒートは、波打つようなバンプと固い路面に苦戦し、11位 でレースを終え、総合13位となった。

FIMモトクロス世界選手権はこの後、タイに向かい、今週末シラチアで第2戦が開催される。



カテゴリー:お知らせ |タグ:           パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする