3月152014

AMA スーパークロス Rd.11デトロイト

■開催日:2014年3月15日(土)
■開催地:ミシガン州デトロイト
■会場:フォード・フィールド
■観客数:50,856人
[youtube]http://youtu.be/-LJp2CzvSNc[/youtube]

J・ブレイトンが9位、J・グラントが10位

2014年AMAスーパークロス第11戦がミシガン州デトロイトで開催された。レースの舞台となったフォード・フィールドには50,856人のファンが詰めかけた。

Toyota/Yamaha/JGRMX TeamのJ・ブレイトンとJ・グラントは予選タイムでそれぞれ10位、13位となり、ブレイトンはヒート1レースに、グラントはヒート2レースに参加し た。 ここでブレイトンは6位となったため、セミ1に出走。5周で争われるセミ1で2位となったブレイトンはメインイベントへと駒を進めることに成功した。 一方、グラントはヒート2で9位にとどまったため、セミ2へ。ここで3位に入ったグラントもメインイベント進出を決めた。

今大会のエントリー全53名中、22選手が20周で争うメインイベント。YZ450Fに乗るブレイトンはスタートで14位と出遅れるが、2周目に M・ゴーケ(KTM)を抜き、さらに前を行く選手の脱落もあって12位へとふたつ順位を上げる。その後9周目にはチームメイトのグラントを抜いて11位 へ。レース後半に入るとブレイトンは13周目までにトップ10圏内に入り、9位まで浮上したところでチェッカーフラッグを受けた。

一方グラントはオープニングラップを終えて9位で戻って来るが、レース前半に12位まで後退。それでも波乱のレースで脱落する選手もある中、安定した走りで順位を挽回。結局グラントはチームメイトのブレイトンに続く10位でレースを終えた。

開幕戦以来、トップ10フィニッシュを続けるブレイトンはシリーズポイントランキングで5位を維持している。

次の第12戦はカナダに移動。3月22日土曜日にオンタリオ州トロントのロジャース・センターで開催される。

RIDERS RANKING

順位 ライダー マシン ポイント
1 R・ビロポート Kawasaki 231
2 R・ダンジェイ KTM 201
3 J・スチュワート Suzuki 182
4 K・ロックゼン KTM 181
5 J・ブレイトン Yamaha 167
6 A・ショート KTM 143
12 J・グラント Yamaha 78
23 K・チゾム Yamaha 29
28 P・ニコレッティ Yamaha 11

 



カテゴリー:お知らせ |タグ:             パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする