3月102014

2014全日本トライアル選手権 IAスーパー Rd.01 3月9日 関東大会

■開催日:2014年3月9日
■開催地:茨城県・真壁トライアルランド
■観客:2,600人
■気温:10度
■天候:晴れ時々曇り
■競技:10セクション×2ラップ+SS(2セクション)
■持ち時間:4時間30分(10セクション×2ラップ)
■最多クリーン数:小川友幸(ホンダ)16

黒山健一、開幕戦は2位表彰台,野崎史高は僅差で3位に 

今年もシリーズ全7戦が組まれたトライアル全日本選手権は、昨年は中止となっていた開幕戦・関東大会が2年ぶりに真壁トライアルランドで開催され た。当日はやや冷え込むものの好天に恵まれて多くの観客が訪れた。最高峰の国際A級スーパークラスには11名の選手が出場、ヤマハは今年も黒山健一(ゼッ ケン2)と野崎史高(ゼッケン3)が参戦してチャンピオン奪還をめざす。競技は岩山に設けられた10ヵ所のセクション(採点区間)を4時間30分の持ち時 間で2ラップした後、スペシャルセクション(SS)としてより難易度が高く観客が見やすい場所に用意された2つのセクションに挑んで合計減点の少なさを 競った。

1ラップ目の黒山は第1セクションこそクリーン(減点0)で好スタートしたものの、その後は第2セクションで2回足を着いて減点2、第3セクション は1回の足着きで減点1。そして第4セクションは岩を上る難所で失敗、減点5となってしまう。この時点で黒山は合計減点8で4番手と出遅れていた。ディ フェンディングチャンピオンの小川友幸(ホンダ)は同時点で減点1のトップ。2番手は小川毅士(ベータ)減点5、野崎は減点8で3番手(※黒山と同点だが ルールによりクリーンの数が多い野崎が上位)につけていた。

その後、黒山はクリーンを重ねて挽回をはかったが、第7セクションの崖上りで失敗、減点5を加算。野崎も思うように減点を減らせなかった。1ラップ 目の結果は、小川(友)が減点2でトップのまま、小川(毅)減点13、黒山・減点14、野崎・減点16と2位以下は接戦になっていた。その中で黒山は1 ラップ目の持ち時間(3時間)を4分オーバーして減点4を加え、同様に野崎もタイム減点2を加えていたことも大きかった。

2ラップ目は、黒山が本領を発揮。早いペースでセクションをこなしながら、次々とクリーンの山を築いていく。そしてなんと第1セクションから第9セ クションまでを全てクリーン、第10セクションで1回足を着いてしまったが、驚異的に小川(友)を追い上げた。また、野崎も2ラップ目はわずか足着き2回 でこなす素晴らしい走りで観客を沸かせた。一方、小川(友)は2ラップ目にミスが増えて第10セクションは失敗するなどして減点9となっていた。とはいえ 1ラップ目との合計減点は、小川(友)が11点でトップのまま。だが黒山・15点、野崎・18点にもSSで大逆転の可能性は残されていた。しかし、SSは 2つともクリーンした小川(友)が逃げ切って優勝。黒山は土壇場で失敗してくやしい2位、野崎も最終セクションの失敗がひびき黒山と1点差で3位となっ た。
次回第2戦・近畿大会は4月20日、奈良県の名阪スポーツランドで行われる。黒山は地元・関西で巻き返しを図る。野崎も次こそ2位以上をめざす構えだ。



カテゴリー:お知らせ |タグ:           パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする