9月162014

2014 全日本ロードレース選手権 Rd.06 9月14日 オートポリス

■大会名称:2014全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦 AUTOPOLIS SUPER 2 and 4 RACE 2014
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2014年9月14日(日)
■会場:オートポリスサーキット(4.674km)
■周回数:14周
■天候:晴れ 気温:22度 ■コース:ドライ
■PP:中須賀 克行(1分48秒280/Yamaha)
■FL:中須賀 克行(1分49秒393)

今季2勝目を挙げ、 ランキングトップに浮上したヤマハ・YSP・レーシング・チームの中須賀選手

今季2勝目を挙げ、 ランキングトップに浮上したヤマハ・YSP・レーシング・チームの中須賀選手

 

中須賀&YZF-R1今季2勝目! ランキングトップに浮上!!

JSB1000クラスは、今回のオートポリスラウンドからシーズン後半戦がスタート。ランキングでは追う立場で迎えたヤマハ・YSP・レーシング・チームの中須賀克行は、ここから巻き返しを狙っていた。

レースは、波乱の幕開けとなった。オープニングラップの最終コーナーで2台が接触するアクシデントが発生。マシンが炎上しレースは仕切り直しとなる。

18周から14周に短縮されて再スタートを切った決勝。ポールポジションの中須賀は、3番手で1コーナーをクリア。序盤は柳川明(カワサキ)の背後 につけタイヤをマネジメントして行く。トップグループは5台で形成されていたが、9周目に渡辺一樹(カワサキ)、そしてポイントで追っていた高橋巧(ホン ダ)が転倒し脱落。続く10周目の1コーナーで中須賀は柳川をかわすと一気にスパートをかける。

中須賀は13周目にこのレースのファステストラップをマークし、2番手以下を引き離していく。これで勝負あったかと思われたが、ラストラップには背 後に津田が迫ってくる。中須賀は、勝負どころをしっかり抑え津田に付け入る隙を与えない。最終コーナーで津田が勝負に出るも、これを抑えきりトップでゴー ル。冷静にレースをコントロールし、今シーズン2勝目を挙げた中須賀はランキングトップに浮上、3年連続5度目のタイトル獲得に向けて前進した。

中須賀克行選手談(優勝)

「予選で自己ベストを更新してポールポジションを獲得することができましたし、レースウイークを通じて主導権を握ることができたと思います。今回 は、地元九州ということでヤマハファンの皆さんの声援も多く、とても気合いが入りました。波乱のスタートでしたが、レースは柳川選手の後ろでタイヤを温存 し、冷静に戦えたと思います。路面温度が高かったのかタイヤのグリップが落ちるのが早かったのですが、コントロール性がよかったので問題なかったですね。 残り2戦3レース、真っ向勝負でタイトルを獲りに行きます」

 島田和広監督談(YSP菊陽)

「アクシデントもあり、一時はどんなレースになるかと思いましたが、レース終盤にトップに立つと、すばらしい走りでリードしてくれました。冷静に 走っているのが分かりましたし、ピットで安心して見ていることができました。一緒に表彰台の中央に上がらせていただき、トロフィーももらうことができて感 無量です。この調子でチャンピオンに向けて突き進んで欲しいですね。九州から応援しています」

吉川和多留チームディレクター談

「序盤から落ち着いてレースをこなしてくれました。スパートをかけるタイミングもよかったですね。チームもメカニカルな部分でやるべきことをやり、 今あるパッケージの中ではパーフェクトと言ってもいいぐらいのレースができたと思います。次回は相性のいい岡山国際ですので、最終戦鈴鹿までしっかり勝負 できるようチーム一丸となって臨みます」



カテゴリー:お知らせ |タグ:       パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする

インスタグラムでフォローする