10月192015

2015 Rd.16 10月18日 オーストラリアGP

■大会名称:第16戦オーストラリアGP
■開催日:2015年10月18日(日)決勝結果
■開催地:フィリップアイランド/オーストラリア
■コースコンディション:ドライ
■気温:15度 ■路面温度:42度
■PP:M・マルケス(1分28秒364/ホンダ)
■FL:M・マルケス(1分29秒280/ホンダ)

ロレンソが2位表彰台を獲得!
ロッシは4位で、チャンピオン争いはさらに激化

 

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシが見ごたえあるレースを展開。ロレンソは2位、ロッシは4位でヤマハのマニュファクチャラーズ・チャンピオンが決定。ロレンソはロッシとの差を11ポイントまで詰めた。

ロレンソは予選3位から好スタートを切り、M・マルケス(ホンダ)をパス。ロッシがC・クラッチロー(ホンダ)に阻まれる間にもロレンソは全力で ペースを上げ、第8コーナーでA・イアンノーネ(ドゥカティ)をとらえてトップに浮上。しかしドゥーハン・コーナーでは後退を余儀なくされた。次の2ラッ プは激しい展開。ロレンソ、イアンノーネ、マルケスのトップ3台が互いに何度もポジションを入れ替え、ロレンソが再びトップに返り咲くと、今度は素早く逃 げ切り態勢へと転換。後続のロッシ、マルケス、イアンノーネが一旦はロレンソに追いついたものの、3台でバトルする間に再び差が開いてゆく。残り15ラッ プの時点で1.2秒差まで拡大したが、その2ラップ後にはマルケスがロレンソのテールに追いついてバトルに持ち込む。そしてふたりが競り合いを始めると、 その間にイアンノーネとロッシが差を詰めていった。

残り6ラップ。後方からの追撃を察知したロレンソは果敢な攻めでトップに浮上。そのままリードを広げたいところだったが、マルケスもあきらめず、ついには抜き返されたが、2位表彰台を獲得しロッシとの差を再び縮めることに成功した。

一方のロッシは、7番グリッドから好スタートを切り、1ラップ目で6位へ浮上。しかしクラッチロー、D・ペドロサ(ホンダ)に行く手を阻まれる間にトップ争いから水を開けられてしまうが、3ラップ目でふたりをとらえ、さらにその2ラップ後にはトップ争いに加わった。

その頃、ロレンソはトップを快走。わずかなポイント差を競り合っているロッシは、少しでも前へ出ようと全力でプッシュしてゆく。そしてファステス ト・ラップを記録する激しい走りでマルケスを追っていると、残り9ラップのドゥーハン・コーナーでマルケスがはらんで後退。ところがロッシとイアンノーネ が競り合う間に、マルケスが再び抜け出してトップのロレンソを追って行った。

ふたりのイタリアンがふたりのスパニッシュを追う激しい展開。残り6ラップで追いつくと、残り4ラップではロッシがイアンノーネをパスして3位へ浮 上。次のラップにはマルケスのインに飛び込みパスを試みたが、ここでイアンノーネが前へ。そして最終ラップではロッシが再び仕掛けたが届かず、4位で チェッカーを受けることとなった。

この結果、ロッシは合計296ポイントでランキングトップをキープ。ロレンソが11ポイント差で追っている。

エスパルガロが8位を獲得

Monster Yamaha Tech 3のP・エスパルガロがオーストラリアGPで8位を獲得した。予選9位、グリッド3列目からスタートすると1周目を11位で終え、素早くペースをつかんで ポジションアップを図る。そして5ラップ目までに9位へ挽回し、ドゥカティのファクトリーライダー、A・ドビツィオーゾと何度も順位を入れ替えるバトルを 展開。8ラップ目に前へ出たあとは一気にアドバンテージを広げ、前を行くA・エスパルガロ(スズキ)に照準を合わせる。ラップごとに着実に差を縮めて15 ラップ目でこれをとらえ、そのまま順調にペースを上げて8位でチェッカーを受けた。次回のマレーシアでも引き続き、サテライト勢トップを目指し、ファクト リー勢に少しでも近づくことが目標となる。

エスパルガロのチームメイトのB・スミスも10位獲得と健闘。グリッド4列目からスタート後、オープニングラップを12位で終えてリズムをつかむ。 そして4ラップ目には1台抜いて11位に上がり、さらに1ラップ後には10位のドビツィオーゾをパス。次に9位のA・エスパルガロを追って着実にその差を 縮めていったが、追い抜くことができないままチェッカー。スズキのファクトリーにコンマ5秒差まで迫り、10位を獲得した。スミスは今シーズンのすべての レースでトップ10入りを達成。同時にシリーズポイントでは、ドビツィオーゾに対するアドバンテージを拡大した。次回、マレーシアGPでは、トップ6入り を目指す。

バズがオープンクラス3位を獲得

Forward RacingのL・バズとT・エリアスは、フィリップアイランドの攻略に苦戦し、ともにポイント圏外の18位と22位となった。

予選でフィーリングをつかんだバズは、15位以内を目指してH・バルベラ(ドゥカティ)、Y・ヘルナンデス(ドゥカティ)とバトル。何度もパスを試 みるも、チェッカー目前に抜かれて18位となった。一方のエリアスは、マシンを十分に把握できないまま決勝に臨むことになり、序盤から離されて22位で ゴールした。

※この記事はYAMAHA レース情報を転載しています。
元記事はこちらです

(Visited 16 times, 1 visits today)


カテゴリー:お知らせ |タグ:             パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする

インスタグラムでフォローする