1月252013

車両用車体制振ダンパー「パフォーマンスダンパー」

ヤマハ「パフォーマンスダンパー」
ヤマハ発動機株式会社の車両用車体制振ダンパー「パフォーマンスダンパー」が、1月24日にマイナーチェンジされたLEXUSのハイブリッドプレミアムセダン「HS250h」の全グレードに搭載されましたので、ご案内します。
パフォーマンスダンパーがLEXUSの車両に搭載されるのは「CT200h」「RX SPORT」に次いで3モデル目となり、全グレードへの採用は「HS250h」が初めてとなります。パフォーマンスダンパーは、乗用車の前後主要部に設置する車体制振ダンパーで、走行中の車体のごくわずかな変形や振動を穏やかに整え吸収するための装置です。2000年に基本概念を発案後、2004年4月に量産品として初めて採用されて以降、さまざまな車種においてコーナリングパフォーマンスや快適性の向上を実現しています。
なお、「HS250h」は、ボディ剛性の向上などの改良にあわせて新たにパフォーマンスダンパーを搭載することにより、ハイブリッド車両の環境性能に加え、優れた操縦性・走行安定性としなやかな乗り心地を実現しています。

-世界初- 車両用車体制振ダンパー「パフォーマンスダンパー」 二輪車用を新開発・欧州にて発売
二輪車用車体制振ダンパー「ヤマハパワービーム」国内新発売オートマチック・スーパースポーツ「XP500 TMAX」専用



カテゴリー:お知らせ |タグ:   パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする