タグ:‘プラナス’

6月062013

PRUNUS プラナス スリップオンマフラー TRICKER/XT250SEROW /XT250X


初期型セローのマフラーデザインを彷彿させるスリップオンマフラー。

ステンレス素材を採用しながら大幅な軽量化を実現。歯切れの良い音質で一味違う走りを提供するスリップオンマフラーです。初期型セローのマフラーをモチーフにしたレトロなデザインに、落ち着いたイメージを醸し出す半艶ブラック塗装を施しました。
多段膨張室構造を採用し高い消音性能、マフラー交換のみで全領域での性能向上を実現。
サクラ工業㈱社製触媒を搭載。排出ガス規制適合、平成22年騒音規制対応。
一体型のサイレンサーで半艶ブラック塗装を採用しテールエンドにはアルミ切削キャップを採用。
価格: ¥39,800(税込) ¥37,905(本体)
部品番号Q5K-SKR-001-019
仕様
・チャンバーサイレンーサ一体構造、半艶ブラック塗装仕上げ、アルミビレットエンドキャップ
適合機種
・ XT250 SEROW・XT250X・TRICKERのFI車
重量
・2.2kg(STD比▲1.7kg)
近接騒音値
・85dB(A)
*通信販売も可能です、その際は郵便番号・ご住所・お電話番号・氏名を明記の上メールまたは、FAXでお問い合わせ下さい。代引きの発送や配達時間の指定も出来ますので、よろしくお願い致します。


カテゴリー:お知らせ カスタム 特選パーツ |タグ:           パーマリンク
6月062013

PRUNUSプラナス スリップオンマフラー WR250R/WR250X 新発売



車両本体にベストマッチしたサイレンサー形状で、軽量化を実現。

レーシーなイメージでWR250のシャープなスタイルを更に引き立てるデザイン、ステンレス製ながら軽量化も実現しワンランク上のパフォーマンスを体感できます。
価格: \79,800(税込)   \76,000(本体)
部品番号 Q5K-SKR-001-018
・多段膨張室構造を採用し高い消音性能、マフラー交換のみで全領域での性能向上を実現。
・サクラ工業㈱社製触媒を搭載。
・排出ガス規制適合、平成22年騒音規制対応。
・サイレンサーは量産車で培ったショット外観。サイレンサーの前後にカーボンキャップを採用。
*排気バルブ(EXUP)は装備されていません。取り付けにはEXUP用サーボモーターワイヤーを取り外す必要があります。
仕様
・サイレンサー:ステンレス表面ショット仕上げ
・サイレンサーキャップ:カーボン
・ジョイントパイプ:ステンレスポリッシュ
適合機種
・WR250X/WR250R
重量
3kg(STD比▲2.3kg)
近接騒音値
89dB(A)
*通信販売も可能です、その際は郵便番号・ご住所・お電話番号・氏名を明記の上メールまたは、FAXでお問い合わせ下さい。代引きの発送や配達時間の指定も出来ますので、よろしくお願い致します。


カテゴリー:お知らせ カスタム 特選パーツ |タグ:         パーマリンク
2月062013

Y’sGEAR 女一人旅 栃木「奥日光」編

今回は日光の秋です♪梅も桜も恋しいですね。
女一人旅「奥日光」を駆ける

秋、ツーリングシーズンの到来だ!
今回は「SR400ジャパンクルージング」で栃木県の奥日光へ。
美しい自然の中を女一人、爽快に駆け抜ける。

絶景ワインディングロード「いろは坂」

爽やかな風が吹き抜ける秋。ツーリングに最適な季節がやってきた。今回は、週末ライダーの彼女が北関東を代表する観光地、奥日光へツーリングを楽しむ一人旅。奥日光は自然、歴史、温泉など魅力にあふれた街だ。
愛車は「SR400ジャパンクルージング」。ヤマハのロングセラーモデルで、味わいのあるフォルムが気に入っているという。また彼女の場合は、ホイールをドレスアップ。ツーリングに便利なタンクバッグやサイドバッグを装着し、もしもの時のレイングッズも収納してある。さらに走行風を適度に整流するモデレートスクリーンも装着。走りの快適性はもちろん、マシンのファッション性も高めているジャパンクルージングパーツの数々がポイントだ。そんな彼女がマシンに乗って、最初に向かったのは「いろは坂」。日光市馬返から中禅寺湖畔間の国道10号の坂道で上り下りの2つの坂に併せて48のカーブを持つ、日本屈指のワインディングロードだ。紅葉の美しさでも知られるが、この日はまだ早かったよう。彼女も残念がってはいたものの、「自然に囲まれながら走るのは最高に気持ちがいい」とご機嫌だ。

爽快に走る戦場ヶ原から、湯滝へ

そして標高約1390~1400mの平坦地に広がる400haの湿原「戦場ヶ原」へ。この湿原沿いに続くストレートの道を気持ち良く駆け抜け、次に向かった先は湯ノ湖の南側にある「湯滝」だ。高さ70m、幅25mもあるこの滝は、奥日光三名瀑のひとつに数えられている。滝壺の近くにある観瀑台に立った彼女は、その迫力に感動。また、滝の周囲に多く発生するとされるマイナスイオンをたっぷり浴び、気分もリフレッシュしたようだ。さらに散策や名物の「ゆずだんご」も楽しみ、緑に囲まれながらすっかりリラックスモードに。
詳しくはワイズギアサイトで コチラです。
Y’sGEAR 女一人旅『秋葉街道』を巡る


カテゴリー:お知らせ |タグ:         パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする

インスタグラムでフォローする