タグ:‘ホルヘ・ロレンソ’

5月182015

2015 MotoGP Rd.05 5月17日 フランス

■大会名称:MotoGP第5戦フランスGP
■開催日:2015年5月17日(日)決勝結果
■開催地:ル・マン/フランス(4.180km)
■周回数:28周(117.18 km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:18度 ■路面温度:32度
■観客数:93,531人
■PP:M・マルケス(1分32秒247/ホンダ)
■FL:V・ロッシ(1分32秒879/ヤマハ)
20150517motogp05

 

1-2フィニッシュしたMovistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソ(右)とV・ロッシ

1-2フィニッシュしたMovistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソ(右)とV・ロッシ

 

J・ロレンソ & V・ロッシ、1、2フィニッシュ

モビスター・ヤマハ・モトGPのJ・ロレンソが、第4戦スペインGPに続いて今季2度目の優勝。チームメイトのV・ロッシも見事な走りで2位に入り、開幕以来、連続5度目の表彰台。

ロレンソはレース開始早々から絶好調。予選3位の位置からスタートして2番手で第1コーナーへ進入し、第2コーナーでは早くもトップに浮上。2位で続いたのは A・ドビツィオーゾだったが、オープニングラップを終了する頃にはコンマ5秒近くその差が広がっていた。

その後も前方クリアなコースで思う存分、速さを発揮するロレンソ。コンスタントに1分33秒台をキープし、最後まで十分なアドバンテージを保ったまま真っ先にチェッカー。ファステスト・ラップは1分33秒004。2位との差は3.820秒だった。

一方のロッシは、グリッド7位、3列目からのポジションアップ。好スタートからすぐに5位に浮上し、M・マルケスを追って行く。3ラップ目でこれを パスして4位に上がると、次はA・イアンノーネに照準を合わせてさらにペースアップ。ここでこの日のファステスト・ラップ、1分32秒879を記録した。

次のターゲットはドビツィオーゾ。ベテランらしいクレバーなレース展開を見せて追い詰め、12ラップ目の最後にパスして2位に浮上した。この時点で トップのロレンソとの差は1.8秒に開いており、これを詰めていくことは不可能。代わりにドビツィオーゾに対するアドバンテージを維持することに専念し、 そのまま2位でゴールした。

ロレンソは25ポイント、ロッシは20ポイントを加算。これによりロッシは合計102ポイントでランキングトップをキープ。ロレンソは合計87ポイントでランキング2位に浮上した。

B・スミスが6位、P・エスパルガロは7位

モンスター・エナジー・フランスGPで、モンスター・ヤマハ・テック3チームのB・スミスが6位を獲得。

予選6位の位置から好スタートを切り、混戦のなかでオープニングラップはグリッドポジションの6位をキープ。果敢な攻めで上位グループに食らいつ き、5ラップ目にはマルケスをとらえてさらにリードを拡大した。その後もリズムよくハイペースを維持してレース中盤まで5位をキープ。残り8ラップになっ てイアンノーネとの距離を詰めて激しいアタックを仕掛けたが、逆転はならなかった。結局、マルケス、イアンノーネに僅差で届かず6位。サテライト勢のトッ プに立ち、チャンピオンシップではC・クラッチローに1ポイント差でランキング7位。

スミスのチームメイトのP・エスパルガロは、予選12位から5台を抜いて7位を獲得。

好スタートから順調にペースを上げ、オープニングラップを9位で終了。その後も好タイムを続出しながら5ラップまでに8位へ浮上し、レース中盤で7位へ。そのままこのポジションをキープしてチェッカーを受けた。次回のムジェロではサテライト勢トップのバトルを目指す。

ホームGPでL・バズが12位

Athinàフォワード・レーシング・チームのL・バズが、初めてのホームGPで12位を獲得。オープンクラスではN・ヘイデンに続く2位となった。
スペシャル・カラーで出場したバズは非常に安定した走り。前方のグループに遅れずについて行き、ポイント獲得を目指して走り切った。

一方、バズのチームメイトのS・ブラドルは、16位からスタートして2ラップ目の第6コーナーで転倒。そのままリタイアとなった。


カテゴリー:お知らせ |タグ:                 パーマリンク
5月042015

2015 MotoGP Rd.04 5月3日 スペインGP

■大会名称:MotoGP第4戦スペインGP
■開催日:2015年5月3日(日)決勝結果
■開催地:スペイン/へレス(4.423km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:26度 ■路面温度:30度
■PP:J・ロレンソ(1分37秒910/ヤマハ)
■FL:J・ロレンソ(1分38秒735/ヤマハ)

優勝の#99 J・ロレンソと3位の#46 V・ロッシ

優勝の#99 J・ロレンソと3位の#46 V・ロッシ

#99 J・ロレンソ&YZR-M1はランキング3位に浮上

#99 J・ロレンソ&YZR-M1はランキング3位に浮上

4戦連続で表彰台を獲得、ランキングトップを守った#46 V・ロッシ&YZR-M1

4戦連続で表彰台を獲得、ランキングトップを守った#46 V・ロッシ&YZR-M1

今季最高の5位を獲得した#44 P・エスパルガロ&YZR-M1

今季最高の5位を獲得した#44 P・エスパルガロ&YZR-M1

今季初優勝で歴代5位となる55勝目を達成した#99 J・ロレンソとGP通算200回目の表彰台を獲得した#46 V・ロッシ

今季初優勝で歴代5位となる55勝目を達成した#99 J・ロレンソとGP通算200回目の表彰台を獲得した#46 V・ロッシ

ロレンソがヘレスを完全制覇で今季初優勝!
ロッシは3位で通算200回目となる表彰台を獲得

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソが本来の調子を取り戻し、第4戦スペインGPでついに爆発。ウイーク初日から絶好調を維持してきたロレンソは、決勝でも一度と して他にトップの座を譲ることなく、5.5秒もの大差をもって真っ先にチェッカーを受けた。チームメイトのV・ロッシも力強いレースを展開して3位。自己 通算200回目の表彰台獲得した。

ロレンソはポールポジションからホールショットを奪うと、序盤から積極的に攻めてリードを拡大。M・マルケス(ホンダ)がひとりついてきたが、ロレ ンソはこれに対処するべくさらにペースを上げ、わずか2ラップ目でサーキットレコードとなる1分38秒735をマーク。これでマルケスを引き離すと、その 後は1分40秒台をコンスタントにキープし、最終的にはマルケスに5.576秒もの大差をつける他を寄せ付けない完璧な走りでチェッカーを受けた。これは GP史上5番目となる自己通算55回目の優勝となり、そのうち34回はヤマハで獲得したもの。ヘレス・サーキットでの優勝は5回目となった。

一方のロッシも序盤からハイペース。予選5位からスタートしたあと第1コーナーで1台抜いて4位へ。さらに4ラップ目にはP・エスパルガロをパスし て3位に上がった。次に、すでに2秒ほどのアドバンテージを築いているトップ2を追って行くが、同時に後方から迫ってくるエスパルガロ、C・クラッチロー にも気を抜けない。こうしたなかで初めはマルケスとの差が逆に広がってしまったが、ロッシはあきらめず、レース後半からは少しずつ挽回を開始。ところが終 盤になるとフロントタイヤの消耗が激しくなったため、リスクを避けて3位確保へと作戦を切り替えると、初戦から4戦連続、同時に自己通算200回目の表彰 台を獲得した。

25ポイントを追加したロレンソは、合計62ポイントでランキング3位へ浮上し、2位のA・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)までわずか5ポイント。 ロッシは16ポイントを加算し、合計82ポイントでランキングトップを守っている。ドビツィオーゾとの差は15ポイント。次回は2週間後、フランスはル・ マンで開催される「モンスター・エナジー・グランプリ」へと向かう。

エスパルガロが今季最高の5位獲得

Monster Yamaha Tech 3のP・エスパルガロが、ヘレス・サーキットで5位獲得の大健闘。午前中に行われたウォームアップではトップタイムをマークして好調をアピールし、自信を 持って決勝に臨んだ。そしてグリッド2列目から好スタートを切り、第1コーナーに3位で進入してトップグループについて行く。序盤からペースをつかむと懸 命にロッシの追撃をかわそうとするが、3ラップ目には4位へ後退して今度はC・クラッチロー(ホンダ)との戦いへ。そのままレース前半を終えたあと、つい に抑えきれなくなり5位へと順位を下げた。しかしその後はコンスタントにハイペースで走りきり、後続との差も十分に保ったままチェッカーを受けた。

一方、エスパルガロのチームメイトのB・スミスは8位を獲得。グリッド10位から1周目で2台抜いて8位に上がったあと、さらにポジションアップを 狙ってペースを上げていく。残り10ラップ、好調にリズムをキープするスミスに追いついてくるライバルはなく、スミスは7位のA・エスパルガロに照準を合 わせていた。しかし結局、逆転はならず、そのまま8位でゴール。これによってランキング7位をキープした。明日はテストを行い、次回は2週間後、チームの ホームレースとなるル・マンに臨む。

ブラドルがオープンクラス2位

Athinà Forward YamahaのS・ブラドルがポイント圏まであと一歩。チームメイトのL・バズはリタイアとなった。

風邪で体調をくずし、電子制御システムにも好感触を得られずにいたブラドルが、14位でゴールしたH・バルベラ(ドゥカティ)に次ぐオープンクラス 2位を獲得。明日は同コースでマシンテストに臨む。一方のバズはスタートでペースをつかめずレース中盤で転倒。オープンクラスのライバルたちに少しずつ近 づきながらもリタイアとなってしまった。

 


カテゴリー:お知らせ |タグ:                 パーマリンク
4月212015

2015 MotoGP Rd.02 4月19日 アルゼンチンGP

■大会名称:MotoGP第3戦アルゼンチンGP
■開催日:2015年4月19日(日)決勝結果
■開催地:テルマス・デ・リオ・オンド/アルゼンチン(4.806km)
■周回数:25周(120.15km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:29度 ■路面温度:36度
■観客数:50,234人
■PP:M・マルケス (1分37秒802/ホンダ)
■FL:V・ロッシ (1分39秒019/ヤマハ)

今季2勝目を挙げたモビスター・ヤマハ・モトGPのV・ロッシ(中央)

今季2勝目を挙げたモビスター・ヤマハ・モトGPのV・ロッシ(中央)

V・ロッシ、4秒以上の差を覆し今季2勝目

モビスター・ヤマハ・モトGPのV・ロッシが、アルゼンチンGPで劇的勝利。チームメイトのJ・ロレンソも好スタートから首位争いに加わり、その後後退して5位となった。

理想的とは言えないグリッド8位からのスタート。ロッシはスタート後すぐに集団のなかへ飛び込み、第1コーナー進入でポジション争い。そのあと1ラップをかけてリズムをつかむと、次の周から追い上げを開始してD・ペトルッチ、A・エスパルガロをパスして6位。さらに3ラップ後にはロレンソをとらえて5位に浮上した。

次のターゲットはA・イアンノーネ、C・クラッチロー、A・ドビツィオーゾの一団。これを抜き去り2位に上がると、残るはトップを快走するM・マルケスのみ。しかしこのときすでに4秒以上の差があったため、逆転優勝はとても不可能かに思われた。

9冠王者のロッシはここで、一気に加速度を増して記録的な追い上げを見せる。残りわずか2ラップでマルケスとの距離を縮め、第2コーナー、第3コーナー、第4コーナーでは激しくポジションを入れ替える接近戦。そして第5コーナー立ち上がりでトップを奪ったあと、反撃に出ようとしたマルケスがロッシのリアホイールに接触、転倒して戦列を去ることとなった。ロッシはそのまま順調にゴールを目指してチェッカー。

一方、チームメイトのロレンソは、好スタートを切って第1コーナーで3位に上がり、すぐにエスパルガロをパスして2位。あとはマルケスを追うのみだったが、ハード・コンパウンドのリアタイヤが思うように機能せず、徐々に後退して5位となった。

ロッシは199回目の表彰台。そのうち優勝は今回を含めて110回、そのうちの51回はヤマハで成し遂げたものだ。シリーズポイントは合計66となり、依然としてランキングトップをキープ。またモビスター・ヤマハ・モトGPは合計103ポイントでチーム・ランキングのトップ。ヤマハはコンストラクターズ・ランキングでトップに立っている。5位のロレンソは11ポイントを追加し、合計37ポイントでランキング4位。5位のマルケスを1ポイント上回った。

モンスター・ヤマハ・テック3チームのB・スミスが6位

モンスター・ヤマハ・テック3チームのB・スミスが好調を続けており、第3戦アルゼンチンGPで6位を獲得。予選グリッド10位からスタートして1ラップ目はそのポジションをキープ。その後リズムをつかんで追い上げを開始すると、10ラップ目にはエスパルガロのイン側に飛び込んで7位に浮上した。さらに後続との差を広げる勢いを見せながらも慎重にタイヤを温存。終盤までハイペースをキープし、前回に続き2回目となる6位でチェッカーを受けた。

スミスのチームメイトのP・エスパルガロも、果敢に挑み8位獲得と健闘。前日の予選で苦戦し18位からのスタートとなったエスパルガロ。1ラップ目で5台を抜いて13位へ浮上し、リズムをつかむと5ラップ目にM・ビニャーレス、6ラップ目にはS・レディングをパス。さらにハイペースでプッシュし続けて9位へ上がり、最終的には8位でチェッカー。全25ラップのなかで10台を抜き去る大活躍でウイークを締めくくった。次のヘレスではさらに上を目指す。

Athinà フォワード・レーシングに2ライダーともにポイントを獲得

Athinà フォワード・レーシングのL・バズとS・ブラドルは、それぞれ14位と15位でゴールしてともにポイントを獲得。

グリッド22位からスタートバズは、好調なペースで追い上げてオープンクラス3位、総合14位でモトGP初ポイントを獲得。一方のブラドルは電子制御システムのフィーリングをつかめず、とくに終盤は苦戦しながらも15位を守り切った。


カテゴリー:お知らせ |タグ:                 パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする

インスタグラムでフォローする