タグ:‘平田 優’

9月162014

全日本モトクロス選手権 Rd.07 9月14日 近畿大会

IA1:今季初優勝を遂げガッツポーズでチェッカーを受ける#3 平田優(YZ450FM)

IA1:今季初優勝を遂げガッツポーズでチェッカーを受ける#3 平田優(YZ450FM)

■大会名称:2014全日本モトクロス選手権第7戦近畿大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2014年9月14日(日)
■会場:名阪スポーツランド(奈良県)
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート
■天候:晴れ ■観客:7,200人

8月の第6戦SUGO大会から約1ヵ月のインターバルを経て全日本モトクロス選手権が再開された。第7戦は、今季初の関西・奈良県でのレースとなる 近畿大会。決勝日は秋晴れに恵まれ、絶好の観戦日。さらに3連休ということもあり7千人を超える多くの観客が熱戦を楽しんだ。YAMAHA YSP Racing Teamは、平田優が初日から好調をキープ。公式練習、そして公式予選ともにトップを獲得、さらに決勝では、第1ヒートこそ2位だったものの、第2ヒート で今季初優勝を飾って総合優勝を獲得した。一方、IA1の田中教世は東北大会での怪我の影響で欠場。IA2の渡辺祐介も、前回のSUGO大会での負傷が完 治しておらず、今大会を欠場した。

IA1:2/1位で総合優勝を獲得した#3 平田優(YZ450FM)

IA1:平田が今季初優勝&総合優勝!

公式予選ベストタイム、そして予選トップと今大会好調をキープしてきた平田優。そして第1ヒートも、好調そのままに、第1コーナーで3番手とする と、すぐにトップの成田亮(ホンダ)に続き2番手からレースをスタートする。その1周目からハードに攻めた平田は、成田をパスしトップで2周目へ。さら に、成田が2周目に入った直後に転倒し、平田はアドバンテージを確保する形でその後もトップをキープするが、そこから簡単にはいかないのが国内最高峰の IA1クラス。新井宏彰(カワサキ)、転倒からすぐに復帰した成田が、平田の独走を阻止すべく背後に食らいつく。そして6周目、2番手に浮上した成田に詰 められ逆転を許してしまう。

そこから平田も一歩も引かず、テールに張り付きアタックを繰り返すが攻略できず、終盤に離されてしまい2位でチェッカー。これで、平田は前回の SUGO大会から3ヒート連続で2位となった。なお3位は、三原拓也と新井のカワサキ対決となったが、新井が先行して3位を獲得した。

初優勝に向けて臨んだ第2ヒート、スタートは集団に飲み込まれたかに見えたが、第1・2コーナーを上手くこなして4番手、さらに順位を上げ、星野優位(ホンダ)、三原に続く3番手で1周目を終える。

後方に新井、成田などのライバルが控えているだけに、早めにトップを奪いたい平田は、2周目に三原、3周目に星野を捉えトップに浮上すると、そこか ら一気にペースアップ。後方では、成田が2番手に浮上しており、第1ヒートと同様のバトルも予想されたが、平田のペースはライバルたちを上回り、後方を引 き離して独走体制を築く。その後は、後方のペースに合わせるなど、完全にレースをコントロールして他を寄せ付けず、会心のガッツポーツで今季初優勝&総合 優勝を獲得し、ランキングでも前回の7位から一気に5位へ躍進した。なお、2位は混戦を制した新井、3位は成田となった。

IA2:安原志が5/6位で総合5位を獲得

渡辺が欠場したIA2クラスだったが、第1ヒートは、地元関西の安原志(名阪レーシング)が5位入賞を果たした。スタートで両隣のライダーと接触し て出遅れた安原は、1周目を15番手とするがここから着実に挽回。5周目には11番手、10周目に6番手とすると、さらに5番手を走るサンタナ・ルカス・ ケンジ(ホンダ)に照準を合わせてマシンをプッシュ。14周目に抜去ると、そのまま5位入賞を果たした。

優勝は、序盤から独走した富田。2位は能塚千寛(カワサキ)、田中雅己(ホンダ)、勝谷武史(カワサキ)の争いとなったが、勝谷が抜け出して2位、能塚、田中の3位争いは能塚に軍配が上がった。

第2ヒート、安原は中盤あたりでスタートすると10番手で2周目へ。第1ヒート同様に、序盤から攻勢に出て7周目には5番手まで挽回する。しかし、後方から竹中純矢(スズキ)の追い上げにあって6番手に後退。その後は安定した走りでポジションを守り6位となった。

なおトップ争いは、中盤まで勝谷と富田がテール・トゥ・ノーズのバトルを繰り広げたが、13周目に富田がトップに立つと、勝谷を引き離して優勝。2位は勝谷、3位はまたしても田中と能塚のバトルとなったが、能塚が後半に逆転し3位を獲得した。

レディース:安原が転倒からの逆転で3位を獲得

ここまでランキング2位の安原。地元名阪での今季初優勝を目指して臨んだ決勝だったが、スタートで多重クラッシュに巻き込まれて転倒。再スタートま でに時間がかかり、後方からの追い上げとなる。ところが、1周目のうちに14番手とすると、その後もライバルたちをかわしてポジションをアップし、5周目 には7番手とする。

さらにここから圧巻の走りを披露。ペースの速い上位陣が相手になっても着実に順位を上げて7周目には3番手に浮上。トップの竹内優菜(ホンダ)、2 位の畑尾樹璃(カワサキ)には届かなかったが、後方を引き離してチェッカーを受け3位表彰台に立った。ここまで安原は、中止となった第4戦を除くすべての レースで表彰台を獲得しており、残り2戦での表彰台獲得による、シーズン全レースでの表彰台登壇が期待される。


カテゴリー:お知らせ |タグ:           パーマリンク
7月212014

全日本モトクロス選手権 Rd.05 7月20日 東北大会

■大会名称:2014全日本モトクロス選手権第5戦東北大会
■開催日:2014年7月20日(日)
■会場:藤沢スポーツランド(岩手県)
■レース時間:(25分+1周)×2ヒート
■天候:雨 ■観客:1,800人
YSP八戸をはじめとするYSP応援団の皆さまとヤマハライダー

YSP八戸 三浦社長、皆さん雨の中の応援お疲さまでした。

 

IA1:平田優選手談(2位/3位:総合2位)

「SUGO 大会のマディは、正直復帰レースだったこともあり、気持ち的にも負担にはなりましたが、今回は、心身ともに開幕戦の状態に戻ったので、非 常に良い状態でレースを迎えることができました。第1ヒートは、ちょっと力が入りすぎて、序盤はペースが上がらず、中盤以降は前との距離が詰まったら転倒 する悪循環でした。でも最後まで何が起こるか分からない状況だったので、それを信じて諦めなかったのが、2位という結果につながったのだと思います。第2 ヒートは、1周目3番手と勝負できる位置についたのですが、前半はラインが定まらず、思い切り走れなかったし、その後も転倒があり苦しみました。後半ライ ンが決まってからは順位も上げられ、良かったと思います。今日の結果は、僕にとっては最低限の仕事。やはり優勝して、ファンの皆さんにも、チームのみんな にも、良かったと喜んでもらえることが目標なので、次は、そうなるようにがんばります」

IA2:渡辺祐介選手談(18位/22位:総合23位)

「第 1ヒートは、スタートで転倒し、さらに追突されるなど、最悪のスタートとなりました。でも、そこからすぐに切り替えて10番台の前半まで順位を 戻したのですが、その後、スタックして順位を落とし、最後は18位。第2ヒートも、スタートで遅れたのですが、やはり挽回しながらも転倒し、また追い上げ て転倒というレースとなり、前回SUGOでの経験をうまく活かせないまま、レースを終えることとなりました。ただし、丁寧に走ることの大切さをもう一度学 ぶことができたし、バックマーカーやスタックしたライダーをかわすためには技術だけでなく、集中力や強い精神力も必要であると感じました。次は、地元の SUGOなので、悪い流れを断ち切る意味でもがんばります」

三浦健至監督談(YSP八戸社長)

「ま ず、平田選手は、十分なポテンシャルをもったライダーなので、この成績自体は驚きません。しかし、今回は、SUGOと同様、非常に難しいマディ のレース。ライバルも同じ条件ではありますが、転倒など、数々のアクシデントを乗り越え、また最後まで諦めずに走り切ることで、もぎ取った表彰台は、非常 に価値ある結果であり、特にマディのレースでの自信になったのではないでしょうか。一方の田中選手は、残念ながら欠場となりました。田中選手も非常にポテ ンシャルの高いライダーなので、しっかりと治療し、復帰後には平田選手とのワンツーフィニッシュを達成して欲しいと思います。また、渡辺選手は、厳しい結 果となりましたが、2回連続でこのコンディションを走ったことは、とても良い経験になったと思います。今日の悔しい思いを忘れず、上を目指して欲しいです ね」

IA2:安原志選手談(4位/3位:総合3位)

「今回は、スタートが両ヒートとも に悪かったこともあり、特に序盤は、ライダーがたまるベストラインを避け、人のいない賭けのようなラインを使いま した。正直不安もあったのですが、それが上手くいき、序盤で表彰台を狙える位置にいけたのは良かったと思います。第1ヒートは、3番手まで上がり、そこか らは後ろの井上さんを意識してしまい、走りがバラバラになり、追い上げられて4位。第2ヒートは、勝谷さんをかわして2番手まで上がりました。必ず追い上 げてくると分かっていたのですが、逃げ切ることができませんでした。それでも3位に入り、マディとはいえ2戦連続で表彰台を獲得できたこと、序盤は賭け だったとは言え、冷静に周りを判断し、順位を上げることができたのは、成長だし、素直に今日の結果を喜びたいと思います。次は、ドライのレースで表彰台を 目指します」

レディース:安原さや(3位)

「最悪のレースですね。5年前だったかな?  その時も優勝直前で転倒したことがあるのですが、後味が悪いというか…。今シーズンは、ライバルたちも 非常に速く、勝つことができないまま、ここまで来ました。得意なマディは、私にとってはチャンスで、前回はそのチャンスを活かせなかったので、今回こそは と意気込んでいたのです。スタートはまずまずだったのですが転倒、追い上げて2番手としましたが、ラスト2周でトップの邵選手とは23秒差だったと思いま す。それでもこのコンディションだったため諦めなかったし、実際に追いつき、かわすことができました。しかし、最終コーナーで転倒。悔しいとしか言えませ ん。でもこれでシーズンは終わった訳ではないので、仕切り直して、優勝を狙っていきたいと思います」


カテゴリー:お知らせ |タグ:           パーマリンク
6月092014

全日本モトクロス選手権 IA Rd.04 6月8日 SUGO大会

■大会名称:2014全日本モトクロス選手権第4戦SUGO大会
■開催日:2014年6月8日(日)
■会場:宮城・スポーツランドSUGO
■レース時間:(25分+1周)×2ヒート
■天候:雨 ■観客:3,200人
IA1:好スタートを切る#3 平田優(YZ450FM)

およそ1ヵ月ぶりの開催となった全日本モトクロス選手権。第4戦は東北へと舞台を移し、ここから3戦連続で東北のレースが続く。今回の舞台となった スポーツランドSUGOは久々に大きなコースの改修が行われ、走り慣れたライダーたちにとっては、新たなチャレンジのレースとなった。また、土曜日から雨 が降り続き、コースはヘビーなマディコンディションへ。レディースクラスは土曜日の予選をすべて終えることができず、日曜日の公式練習をタイムアタック方 式の予選に変更したが、コンディションの悪化などの理由により中止となったほか、IA・IBでもコースのショートカットやレース時間が5分短縮されて実施 された。

YAMAHA YSP Racing Teamは、第2戦までに平田優と田中教世が負傷により戦線を離脱したが、平田が戦列に復帰。また第2戦で負傷したIA2クラスの渡辺祐介も、体調をほぼ 万全に戻し、本大会に臨んだ。なお、田中は順調に回復を見せているものの、今大会も欠場した。

IA1:復帰の平田が総合5位を獲得

雨こそ弱まったものの、重く、深いマディの中で行われた第1ヒートは、第1コーナーの時点で、マシンの色やゼッケンが確認できないほど泥だらけにな る過酷なレースとなった。平田は、アウト側のグリッドを選択、その選択が功を奏し好スタートを切る。しかし、第2コーナーの混戦で順位を落とし、さらに転 倒もあり1周目を終え8番手。上位陣は、小方誠(ホンダ)、熱田孝高(スズキ)、小島庸平(スズキ)というオーダー。

難しいコンディションのなか、先頭の小方は安定した走りでトップをキープ。一方2番手以下にはアクシデントが続出、その中で平田は6番手まで順位を 上げたが、5周目、平田にもアクシデントが降り掛かり、再スタートに時間を要して順位を大きく落としてしまう。その後復帰を果たした平田だったが、他のラ イダーも様々なトラブルに見舞われていたことから7位でゴール。ヤマハ勢では、安定した走りを見せた伊藤正憲(RIDEZ Muc-Off YSP浜北大橋)が6位でトップとなった。なお、上位は最後まで崩れることなく走り切った小方が優勝。これに成田亮(ホンダ)が続き、3位には熱田が入っ た。

午後になっても雨は降り止むことなく、さらに過酷さを増していったが、コースはオフィシャルの懸命な作業で回復。第2ヒートも無事に開催された。第 1ヒート同様、アウトのグリッドを選んだ平田は、またしても好スタートで1コーナーへアプローチ。ところが、第2コーナーで順位を落とし、転倒もあって9 番手で1周目を終える。トップは成田、2番手以下は小島庸平(スズキ)、新井宏彰(カワサキ)らが続く。

トップ3は、序盤から大きなアクシデントもなく着々と周回を重ねていったが、平田も序盤の転倒から立ち直り、アクシデントを最小限に抑えながらレー スを展開。上位陣の後退もあり6周目に6番手、7周目には4番手まで順位を上げる。その後は一つ順位を落としたものの、3番手を走っていた新井がアクシデ ントで後退し再び4番手となると、そのままチェッカー。表彰台獲得こそ逃したものの、総合5位で復帰レースを終えた。優勝は今季5勝目となった成田、2位 は小島、3位は熱田。

 

IA2:安原が自身初のヒート優勝で総合2位、渡辺は総合21位

風と雨、そして濃い霧が立ちこめ、さらにコースはヘビーなマディ状態で行われた第1ヒート。今シーズン、このクラスで表彰台のなかったヤマハ勢に、安原志&YZ250Fが初のヒート優勝で表彰台をもたらした。

序盤は、好スタートを切った富田俊樹(ホンダ)がレースをリードしたが、4周目、その富田がアクシデントで後退。これに変わって、第3戦終了時点でランキングリーダーの勝谷武史(カワサキ)がトップに立ち、順調に周回を重ねる。

ヤマハ勢は、渡辺祐介が好スタートを切ったが、直後に待ち受ける上りで転倒があり後退。一方安原は、スタートこそうまくいかなかったが、多くのライ ダーが苦労するマディを攻略し、3周目は4番手、4周目は3番手と着実に挽回。さらに5周目には2番手としてトップの勝谷を追う。

安原はその後も着実な走行を続けたが、ラストラップに入った時点で勝谷から約30秒のビハインドがあり、このままで終わるかに思われたが、その勝谷 にトラブルが発生。安原はこれで逆転してそのままゴールし、今シーズン初、また自身初となるヒート優勝を飾った。2位は井上眞一(カワサキ)、3位が勝 谷。なお、渡辺は1周目のアクシデントで、最後尾から追い上げとなり、その後も様々なトラブルに見舞われたが、最後まで走りきり22位でチェッカーを受け た。

第2ヒートは富田のホールショットでスタートし、そのままトップで1周目を終了。これに続いたのが安原、サンタナ・ルカス・ケンジ(ホンダ)、竹中純矢(スズキ)、そして勝谷。渡辺は、このレースも1周目に不運があり、中団で2周目に入る。

富田が着実に周回を重ねる一方、その富田を追う安原は転倒があり4番手にダウンし、大きな差をつけられたまま終盤へ。すると残り3周となったところ で、上位の2人にアクシデントが発生し、安原は再び2番手に浮上する。レースは、最後まで他を寄せつかなかった富田が優勝。2位は、安原かと思われたが、 今度は安原にアクシデントが発生してしまう。これで順位を上げた井上が2位、大塚豪太(ホンダ)が3位となり表彰台に立った。安原はその後再スタートして 5位でチェッカーとなったが、総合では井上に続く2位を獲得した。渡辺は、序盤のアクシデントから持ち直して、一時は9番手まで挽回したが、その後のアク シデントで後退してしまう。それでも最後まで諦めず走り切り15位でフィニッシュし、総合成績は21位となった。


カテゴリー:お知らせ |タグ:           パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする

インスタグラムでフォローする