タグ:‘田中 教世’

10月262014

2014全日本モトクロス選手権第9戦菅生大会

速報、YAMAHAワンツーフィニッシュ!

■大会名称:2014全日本モトクロス選手権第9戦MFJGP
■カテゴリ:IA1・IA2クラス
■開催日:2014年10月26日(日)
■会場:SUGOインターナショナルモトクロスコース(宮城県)
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート
■天候:晴れ

クーパー・ウェブ Yamalube Star Yamaha Racing

クーパー・ウェブ Yamalube Star Yamaha Racing

全日本モトクロス選手権第9戦が、最終戦MFJ GPとしてスポーツランドSUGO(宮城県)で開催された。週の前半に雨が降った後、予選が行われる土曜、決勝日の日曜とも、雲ひとつない快晴のもとで絶好のコンディションに恵まれた。

今大会で注目されたのは、IA1に海外のライダーが参戦したこと。ヤマハからは、Yamalube Star Yamaha Racingに所属する、クーパー・ウェブがエントリー。2014年のAMAモトクロス250クラスで、2勝を挙げてランキング3位を獲得した18歳のア メリカンだ。MFJ GPでは普段走らせているYZ250Fから、YZ450Fに乗り換えたが、わずか2日間の走行で急激にペースを上げていった。一方、YAMAHA YSP Racing Teamでは、平田優が第7戦・第2ヒートから3ヒート連続で優勝を果たすという絶好調を維持したまま最終戦を迎えており、こちらの活躍への期待も大いに 高まっていた。

YSP Racing 平田選手

YSP Racing 平田選手

IA1:ウェブが両ヒートを制覇、平田は猛烈な追い上げを見せる!

予選では初めて走った日本のコースに少々戸惑い、ミスもあって11位にとどまったウェブが、第1ヒートでAMAライダーとしての本領を発揮する。ス タートでは周囲のライダーに先行され中団に埋もれるが、わずか1周で5番手までポジションを回復すると、2周目には3位へ浮上。さらに前を行く小方誠(ホ ンダ)、成田亮(ホンダ)へそのまま襲いかかると、4周目にはトップに立った。成田が抜き返すなど接近戦が3周ほど続いたが、ウェブはハイペースを維持し て後続を引き離し、最終的には20秒近いマージンを築き上げる圧倒的な独走で優勝を飾った。

平田は第1ヒート、スタート直後の第1コーナーで転倒を喫し、27人中24番手からの追い上げを強いられることになる。しかしあきらめない平田の ペースは非常に速く、1周目の段階で早くも14位まで挽回すると、レース中盤には6位へと浮上した。平田はさらに追い上げ、絶望的にも見えた上位陣との差 も詰めて、最終的に4位でチェッカーを受けた。このMFJ GPがケガからの復帰2戦目となった田中教世は、ライバルたちとバトルを繰り広げるも、ポジションを守るかたちで11位となった。なお、表彰台は2位に成 田、3位は新井宏彰(カワサキ)が獲得した。

第2ヒートでは、ヤマハが1-2フィニッシュを達成した。トップでゴールしたのはウェブで、ホールショットを奪う完璧なスタートから全日本ライダー たちを圧倒する。1周目からリードを広げると、2周目には完全な独走態勢へと持ち込み、そのマージンはゴールした時点で28秒以上にもなっていた。

一方、平田は第2ヒートで激烈なバトルを繰り広げる。1周目は7位と、今度のスタートも決してよくなかったが、成田、小方、熱田孝高(スズキ)らが 構築した2位争いの集団の最後尾につけると、少し様子をうかがった後にアタックを開始。レース終盤に向かいながらひとりずつ、確実に抜いていった。特に熱 田との2位争いはし烈で、決着するまでに数周かかったが、平田は終盤で熱田を突き離し、単独の2位となってチェッカー、熱田が3位となった。この結果、4 位/2位とした平田は、総合成績でも2位を獲得。1位はもちろんダブルウィンを達成したウェブで、ヤマハは総合でも1-2フィニッシュを遂げたことにな る。

田中は、スタート直後に他車の転倒に巻き込まれて転倒。これが大きく影響して後方から追い上げを強いられたが着実に挽回し、最後は13位でゴールとなった。

 

 

MFJ GPスペシャルサイト 2014全日本選手権シリーズ最終戦 10.25-26 JMX[SUGO]/11.1-2 JRR[鈴鹿]

MFJ GPスペシャルサイト 2014全日本選手権シリーズ最終戦 10.25-26 JMX[SUGO]/11.1-2 JRR[鈴鹿]


カテゴリー:お知らせ |タグ:             パーマリンク
10月062014

2014全日本モトクロス選手権第8戦中国大会

やりました!平田が両ヒートを制し総合優勝を獲得!
■大会名称:2014全日本モトクロス選手権第8戦中国大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2014年10月5日(日)
■会場:広島・グリーンパーク弘楽園
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート
■天候:曇り時々雨
■観客数:2,821人

 

全日本モトクロス選手権第8戦中国大会が、グリーンパーク弘楽園(広島県)で開催された。予選が行われた土曜日は好天に恵まれたが、決勝日は台風 18号の影響もあり、どんよりとした天候の中でスタート。しかし、最後まで雨は降らず、ベストなコンディションの中でレースが行われた。
YAMAHA YSP Racing Teamは、前回の近畿大会で今シーズン初優勝した平田優が、今大会も好調をキープし予選2番手で決勝へ。一方、IA2の渡辺祐介は今大会も欠場となった が、IA1の田中教世が第5戦東北大会ぶりに復帰。まだ万全の体調ではないものの、公式練習では11番手として決勝を迎えた。その決勝では、平田が第7 戦・第2ヒートから3ヒート連続、また国内最高峰で自身初となる両ヒート優勝を果たして総合優勝。また田中も復帰戦ながら第1ヒートで表彰台に後一歩に迫 る4位、第2ヒートで7位とし、総合6位で復帰戦を終えた。

IA1:平田優選手談(1位/1位:総合優勝)

「常に自分は“いつも通り”(練習通り)をこれまで心がけてきました。これは、監督をはじめスタッフの“練習の走りができれば勝てる”という励まし の言葉から“いつも通り”を意識することになり、今回はその走りができたからこその勝利だったと思います。また、コースがいつもと路面状況が異なっていた ので、スタッフが事前にラインをチェックしてくれたり、サインボードでは、気持ちを高め、ときにはゲキを飛ばしてくれるなど、多くの信頼するスタッフに支 えられて今日の結果があるわけで、まさに、チームで勝ち取った完全勝利なのです。また今回は、これまでの先行逃げ切りではなく、追い上げての逆転勝利とい うことで、新しい勝ちパターンができましたが、チームのみんなも課題をクリアできたことを喜んでくれました。後は残り1戦、成田さんもチャンピオンを決 め、戦闘モードでくると思うので、最後はその勝負を楽しみ、勝ってファンの皆さんチームのみんなと笑顔でシーズンを終えたいと思います」

IA1:田中教世選手談(4位/7位:総合6位)

「正直に言えば、不安を抱えての復帰戦でした。体調が不完全であったこと、体力の問題、そして復帰に合わせて準備をしてきましたが、本当に以前のよ うにトップグループで走ることができるか…。実際、レースウィークが始まっても調子が上がらず、不安が現実になったような気持ちで決勝を迎えました。で も、このままでは戦えないと、気合を入れ、闘争心を高ぶらせて決勝を迎えました。第1ヒートは、スタートで遅れたのですが、スルスルと順位を上げることが でき3番手へ。その後は疲れて熱田選手に抜かれたのですが、引っ張ってもらうつもりで懸命についていきました。最終ラップの勝負は、フープスだったのです が、黄旗が振られ勝負できず4位。悔しい反面、上位で戦えてホッとした部分もあります。第2ヒートは、スタートはよかったものの、足をついた時に怪我の影 響で踏ん張りが効かず転倒してしまいました。その後は6位入賞に目標を切り替えましたが、集中力も体力もなくなっていたので、キープに切り替え7位でし た。次のSUGOまでに体調も万全に近づけ、自信を持って、表彰台を目指します」

掛水義男監督談(YSP高知社長)

「今回は、天候が心配されるなか、高知から多くの応援団も駆けつけてくれたのですが、2人の走りは、その応援団はもちろん、多くのファンを楽しま せ、また感動させるものでした。まず平田選手は、両ヒートともに、追い上げのレースの中、一台一台かわし、トップに立った後も、完璧なレース運びで、まさ に圧巻のレースでした。もともと、能力が非常に高い選手ですが、ここへきて才能が開花したレースとなったのではないでしょうか? 田中選手は、復帰レース ながら、第1ヒートでは3番手まで順位を上げ、さらにラストラップでの攻防は、平田選手の勝利に匹敵する本当にすばらしいバトルでした。第2ヒートは転倒 があり7位でしたが、怪我の前に近い力を発揮してくれました。最終戦では、平田選手、田中選手ともに、今回のような走りで、ファンの皆さんを楽しませてく れるはず。ぜひ、彼らの勇姿をSUGOで見てほしいと思います」

IA1:復帰戦ながら、第1ヒートでは3位を争う活躍を見せた#11 田中教世(YZ450FM)

IA1:復帰戦ながら、第1ヒートでは3位を争う活躍を見せた#11 田中教世(YZ450FM)

 


カテゴリー:お知らせ |タグ:             パーマリンク
6月092014

全日本モトクロス選手権 IA Rd.04 6月8日 SUGO大会

■大会名称:2014全日本モトクロス選手権第4戦SUGO大会
■開催日:2014年6月8日(日)
■会場:宮城・スポーツランドSUGO
■レース時間:(25分+1周)×2ヒート
■天候:雨 ■観客:3,200人
IA1:好スタートを切る#3 平田優(YZ450FM)

およそ1ヵ月ぶりの開催となった全日本モトクロス選手権。第4戦は東北へと舞台を移し、ここから3戦連続で東北のレースが続く。今回の舞台となった スポーツランドSUGOは久々に大きなコースの改修が行われ、走り慣れたライダーたちにとっては、新たなチャレンジのレースとなった。また、土曜日から雨 が降り続き、コースはヘビーなマディコンディションへ。レディースクラスは土曜日の予選をすべて終えることができず、日曜日の公式練習をタイムアタック方 式の予選に変更したが、コンディションの悪化などの理由により中止となったほか、IA・IBでもコースのショートカットやレース時間が5分短縮されて実施 された。

YAMAHA YSP Racing Teamは、第2戦までに平田優と田中教世が負傷により戦線を離脱したが、平田が戦列に復帰。また第2戦で負傷したIA2クラスの渡辺祐介も、体調をほぼ 万全に戻し、本大会に臨んだ。なお、田中は順調に回復を見せているものの、今大会も欠場した。

IA1:復帰の平田が総合5位を獲得

雨こそ弱まったものの、重く、深いマディの中で行われた第1ヒートは、第1コーナーの時点で、マシンの色やゼッケンが確認できないほど泥だらけにな る過酷なレースとなった。平田は、アウト側のグリッドを選択、その選択が功を奏し好スタートを切る。しかし、第2コーナーの混戦で順位を落とし、さらに転 倒もあり1周目を終え8番手。上位陣は、小方誠(ホンダ)、熱田孝高(スズキ)、小島庸平(スズキ)というオーダー。

難しいコンディションのなか、先頭の小方は安定した走りでトップをキープ。一方2番手以下にはアクシデントが続出、その中で平田は6番手まで順位を 上げたが、5周目、平田にもアクシデントが降り掛かり、再スタートに時間を要して順位を大きく落としてしまう。その後復帰を果たした平田だったが、他のラ イダーも様々なトラブルに見舞われていたことから7位でゴール。ヤマハ勢では、安定した走りを見せた伊藤正憲(RIDEZ Muc-Off YSP浜北大橋)が6位でトップとなった。なお、上位は最後まで崩れることなく走り切った小方が優勝。これに成田亮(ホンダ)が続き、3位には熱田が入っ た。

午後になっても雨は降り止むことなく、さらに過酷さを増していったが、コースはオフィシャルの懸命な作業で回復。第2ヒートも無事に開催された。第 1ヒート同様、アウトのグリッドを選んだ平田は、またしても好スタートで1コーナーへアプローチ。ところが、第2コーナーで順位を落とし、転倒もあって9 番手で1周目を終える。トップは成田、2番手以下は小島庸平(スズキ)、新井宏彰(カワサキ)らが続く。

トップ3は、序盤から大きなアクシデントもなく着々と周回を重ねていったが、平田も序盤の転倒から立ち直り、アクシデントを最小限に抑えながらレー スを展開。上位陣の後退もあり6周目に6番手、7周目には4番手まで順位を上げる。その後は一つ順位を落としたものの、3番手を走っていた新井がアクシデ ントで後退し再び4番手となると、そのままチェッカー。表彰台獲得こそ逃したものの、総合5位で復帰レースを終えた。優勝は今季5勝目となった成田、2位 は小島、3位は熱田。

 

IA2:安原が自身初のヒート優勝で総合2位、渡辺は総合21位

風と雨、そして濃い霧が立ちこめ、さらにコースはヘビーなマディ状態で行われた第1ヒート。今シーズン、このクラスで表彰台のなかったヤマハ勢に、安原志&YZ250Fが初のヒート優勝で表彰台をもたらした。

序盤は、好スタートを切った富田俊樹(ホンダ)がレースをリードしたが、4周目、その富田がアクシデントで後退。これに変わって、第3戦終了時点でランキングリーダーの勝谷武史(カワサキ)がトップに立ち、順調に周回を重ねる。

ヤマハ勢は、渡辺祐介が好スタートを切ったが、直後に待ち受ける上りで転倒があり後退。一方安原は、スタートこそうまくいかなかったが、多くのライ ダーが苦労するマディを攻略し、3周目は4番手、4周目は3番手と着実に挽回。さらに5周目には2番手としてトップの勝谷を追う。

安原はその後も着実な走行を続けたが、ラストラップに入った時点で勝谷から約30秒のビハインドがあり、このままで終わるかに思われたが、その勝谷 にトラブルが発生。安原はこれで逆転してそのままゴールし、今シーズン初、また自身初となるヒート優勝を飾った。2位は井上眞一(カワサキ)、3位が勝 谷。なお、渡辺は1周目のアクシデントで、最後尾から追い上げとなり、その後も様々なトラブルに見舞われたが、最後まで走りきり22位でチェッカーを受け た。

第2ヒートは富田のホールショットでスタートし、そのままトップで1周目を終了。これに続いたのが安原、サンタナ・ルカス・ケンジ(ホンダ)、竹中純矢(スズキ)、そして勝谷。渡辺は、このレースも1周目に不運があり、中団で2周目に入る。

富田が着実に周回を重ねる一方、その富田を追う安原は転倒があり4番手にダウンし、大きな差をつけられたまま終盤へ。すると残り3周となったところ で、上位の2人にアクシデントが発生し、安原は再び2番手に浮上する。レースは、最後まで他を寄せつかなかった富田が優勝。2位は、安原かと思われたが、 今度は安原にアクシデントが発生してしまう。これで順位を上げた井上が2位、大塚豪太(ホンダ)が3位となり表彰台に立った。安原はその後再スタートして 5位でチェッカーとなったが、総合では井上に続く2位を獲得した。渡辺は、序盤のアクシデントから持ち直して、一時は9番手まで挽回したが、その後のアク シデントで後退してしまう。それでも最後まで諦めず走り切り15位でフィニッシュし、総合成績は21位となった。


カテゴリー:お知らせ |タグ:           パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする

インスタグラムでフォローする