タグ:‘田中教世’

7月072015

2015全日本モトクロス選手権第5戦神戸大会

■大会名称:2015全日本モトクロス選手権第5戦神戸大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2015年7月5日(日)
■会場:神戸空港特設コース(兵庫県)
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート
■天候:雨/曇り
■観客数:6,604人


全日本モトクロスの第5戦は「スーパーモトクロス in 神戸エアポート」として、神戸空港島に特設された会場で行われた。200m×160mのコンパクトな長方形内に収められたコースは、スーパークロス的なレ イアウト。三宮~神戸空港を走るポートライナーを利用してすぐのアクセスしやすい場所にあるだけでなく、コースを取り囲むように設けられた観戦スペースか らは、ほぼ全体を見渡すことができるという点でもスーパークロスと同様だ。土曜日はあいにくの雨模様となりマディコンディションに転じていったが、決勝が 行われた日曜日は天候が回復。午後にはほぼドライコンディションになるなど、ジャンプが多い見応えたっぷりのコースを走るライダーたちによるレースを、多 くの観客が楽しんだ。

IA1:安原は両ヒートとも11位、田中がヒート1で3位表彰台に

IA1に参戦する「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」のエース、平田優は怪我のため今大会も欠場。IA1ルーキーにもかかわらず、ひとりYZ450FMを走らせる安原志がトリッキーなコース、刻々 と変化していく路面コンディションに挑んだ。予選を12位で通過、中央よりのグリッドを選んで第1ヒートに臨んだ安原は、理想的なスタートを決めることが できなかったものの、1周目の10番手から9番手、7番手と順調にポジションを上げていった。この序盤のペースは速く、4周目に自身のベストタイムを記録 している。ただ後半はそのスピードを維持することができず、転倒から追い上げてきた新井宏彰(カワサキ)、熱田孝高(スズキ)らにかわされ11位でチェッ カーを受けた。

この第1ヒートで素晴らしい走りを見せたのが田中教世(TEAM TAKASE with YAMAHA)。スタート直後の1コーナーをトップで立ち上がることに成功すると、新井、小方誠(ホンダ)、小島庸平(スズキ)など、次々と襲いかかって くるファクトリー勢の猛烈なアタックをしのいでその座を守り続ける。後半は3番手に後退したが、観客の走りを魅了するレースを続けて3位表彰台を獲得し た。優勝したのは、田中を抜いた後に独走態勢を築き上げた小方。小嶋が2位でゴールした。

第2ヒートでは、イン側のグリッドからスタートした安原が、1周目8番手と第1ヒートよりもいいポジションでレースを戦い始める。直後にいた小方に かわされ9番手に落ちたが、好スタートをきっていた池谷優太(スズキ)を抜くなど今度も序盤のペースは上位陣と変わらなかった。レース中盤では、三原拓也 (カワサキ)の厳しいアタックを防ぎ続ける走りも見せている。ただ後半では後方からベテラン勢が追い上げてきたこともあり、第1ヒートと同じ11位でゴー ルすることになった。

第1ヒートで表彰台に上がった田中は、スタートに失敗して1周目13番手。それでもしぶとく追い上げて、9位のチェッカーを受けた。優勝争いはス タートから飛び出した小嶋が主導権を握り、小方が後方から上がってくる展開。小嶋が独走態勢に入って逃げ切り、小方、星野優位(ホンダ)が続いた。

IA2:岡野が第1ヒートで3位を獲得

「YAMALUBE RACING TEAM」の渡辺祐介が、予選で好スタートをきり、B組を2位で通過するなど持ち前のスピードを活かした走りを披露したが、決勝では不運に見舞われた。両 ヒートともスタート直後の1コーナーで起きた多重クラッシュに巻き込まれてしまい、ほぼ最後尾からの追い上げを強いられる。それでも冷静に攻めた渡辺は第 1ヒート、1周目の28番手から中盤で14番手、ベストタイムを記録してのレース後半ではひと桁台に突入。最終ラップでもポジションアップを上げ続け、8 位でチェッカーを受けた。ただし1周目26番手となった第2ヒートでは、1コーナーでクラッシュした際に腰を強打したため思うようなスピードを発揮するこ とができず、15位まで挽回したところでレースを終えた。

一方、第4戦終了時点でランキング3位につけていた岡野聖(フライングドルフィン サイセイ)は、特設コースの路面コンディションに対応することができず、予選でもA組4位通過にとどまっていたが、決勝第1ヒートではスタートからタイト に絞り込まれた1コーナーを見事に処理し、1周目をトップで通過する。その後、両ヒートで独走優勝した富田俊樹(ホンダ)らに抜かれて一時は4番手まで後 退するが、最後までしぶとく粘って3位表題を獲得した。スタートで遅れてしまった第2ヒートでは自分のリズムをつかむことができず、上位争いに絡めなかっ たが、それでも6位入賞を果たしている。

レディース:安原さやが追い上げて3位に

生まれ育った神戸でのレースで、安原さや(名阪レーシング)が抜群の集中力を発揮した。予選ではB組を独走のトップで通過、決勝ではスタートに失敗 して1周目11番手と大きく出遅れてしまうが、前車を確実に抜いていく力強い追い上げを披露。さらに4番手に浮上したレース中盤以降は、邵洋子(ホンダ) の背後につけ冷静にチャンスをうかがった。そしてラスト1周を迎える時点の最終コーナーで、邵をパス。3位表彰台の獲得は、ドラマチックな展開だっただけ にレースを大いに盛り上げた。優勝は第2戦から連勝を続ける竹内優菜(ホンダ)。2位は好スタートをきった久保まな(スズキ)。

 


カテゴリー:お知らせ |タグ:               パーマリンク
6月082015

2015全日本モトクロス選手権 第4戦SUGO大会

■大会名称:2015全日本モトクロス選手権第4戦SUGO大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2015年6月7日(日)
■会場:SUGOインターナショナルモトクロスコース(宮城県)
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート

全日本モトクロスは中国大会から3週間のインターバルをあけ、東北地方へと転戦。第4戦がスポーツランドSUGOで開催された。予選が行われた土曜 日は、朝方まで降った雨の影響により粘着性の強い路面状況となったが、快晴となった日曜日は絶好のコンディションのもと決勝が行われた。

IA1:安原は11/9位で総合9位、ヤマハトップは7/7位の田中

IA1に参戦する「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」のエース、平田優は怪我のため今大会も欠場した。安原志がひとりYZ450FMを走らせ上位進出を目指すが、IA1にステップアップしてまだ4 戦目のルーキーには、今回も厳しい壁が立ちはだかる。ヒート1、1周目を11番手で戻ってきた安原は、翌周に10番手へとポジションを上げ、さらに6周目 には9番手へ浮上するなど勢いをつけていったが、レース中盤となる7周目に転倒、スタート直後と同じ11番手に後退してしまう。その後はリズムを取り戻す ことができないままの走行となり、11位でチェッカーを受けることになった。

この第1ヒートでは田中教世(TEAM TAKASE with YAMAHA)が好スタートをきり、3番手につけた。ライバル勢の追撃に遭い7番手まで後退することになるが、そのポジションを最後まで維持してゴールし た。トップ争いは先行した小島庸平(スズキ)を、小方誠、成田亮のホンダ2名が追う展開から推移。後半に入って首位に浮上した成田が独走態勢を築き上げて 優勝、小方、小島が続いてチェッカーを受けた。

第2ヒートでは、安原はアウト側のグリッドを選んでスタート。1コーナーへの進入スピードを上げすぎたためそのチャレンジが大きく機能することはな かったが、1周目のコントロールラインを10番手で通過、7位を争うグループの最後尾につけた。レース中盤にさしかかる時点で集団から離されてしまうこと になるが、前車の転倒があったことにより9番手へとポジションを上げ、そのままチェッカーを受けた。一方、同じく7位争いの集団に加わっていた田中はレー ス序盤、9番手まで落ちる場面があったが、再び追い上げて7位へと浮上、レース後半はそのポジションを維持してゴールした。

優勝争いは、第1ヒートと同じく小島、成田、小方が繰り広げた。先行した小島に成田が早めのアタックをかけ、5周目にはトップへと浮上。終盤まで僅差の戦いとなるが、成田、小島、小方という形で決着した。

IA2:岡野が両ヒートで3位表彰台へ

「YAMALUBE RACING TEAM」の渡辺祐介は第3戦中国大会で両ヒート入賞を果たしたが、今大会ではそのスピードを思うような結果に結びつけることができなかった。第1ヒート は、スタート直後の1コーナーで他車の転倒に巻き込まれ、ほぼ最後尾からの追い上げを強いられる。それでも1周目の24番手から、4周目には12番手と急 激にポジションを挽回、レース中盤には8番手まで浮上した。しかし終盤、他車と接触して転倒。最終的には10位でチェッカーを受けることになった。

渡辺は第2ヒート、スタート直後の10番手から1周目6番手、さらに5、4番手と序盤の段階で上位へ進出することに成功し、10秒以上離されていた 3位との差も詰めていくスピードを発揮する。しかし3番手の背後につけようとしたアタック中に激しく転倒してしまった。ハンドルまわりのダメージが大き かったため再スタート後のペースアップは叶わず、12番手でゴールすることになった。

一方、6周の予選で15秒以上の大差をつけてのトップ通過を果たすなど、順調にスピードを伸ばした岡野聖(フライングドルフィン サイセイ)が、決勝でも安定した速さを発揮した。両ヒートを独走で制した富田俊樹(ホンダ)、両ヒート2位の能塚智寛(カワサキ)には離されてしまう展開 になったが、好スタートで得たポジションをしっかりとキープ。2ヒートとも3位表彰台を獲得した。

レディース:伊集院忍が3位表彰台を獲得

前戦で今季2度目の表彰台に上がった安原さや(名阪レーシング)が好スタートをきって2番手につけたが、3周目に転倒を喫して6番手までポジション を下げてしまう。代わって上位へと進出したのが、「TEAM KOH-Z」のYZ85LWを駆る伊集院忍だった。前にいた安原や畑尾樹璃(カワサキ)の転倒によって順位が上がったのは事実だが、伊集院がスタート直後 からチャンスを得られる位置につけていたのも事実。3番手に浮上してからも前にいた邵洋子(ホンダ)を追い続け、終盤で後方から迫ってきた久保まな(スズ キ)、安原らの追撃も退けた。伊集院は3年ぶりの表彰台だ。


カテゴリー:お知らせ |タグ:               パーマリンク
5月172015

2015全日本モトクロス選手権第3戦 中国大会

■大会名称:2015全日本モトクロス選手権第3戦中国大会
■カテゴリ:IA1クラス
■開催日:2015年5月17日(日)
■会場:広島・グリーンパーク弘楽園
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート

IA1:総合9位を獲得した#500安原志(YZ450FM)

IA1:総合9位を獲得した#500安原志(YZ450FM)

第2戦の関東大会から約1ヵ月、序盤戦を締めくくる第3戦中国大会が、広島県の世羅グリーンパーク弘楽園にて開催された。快晴となった決勝日は4千 人を超える観客が詰めかけ、最高峰クラスIA1をはじめとする全クラスのレースを楽しんだ。「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」は、エースの平田優が怪我のために今大会も欠場したが、安原志が YZ450FMで参戦。IA2には前回の第1ヒート、アクシデントでリタイアとなった「YAMALUBE RACING TEAM」の渡辺祐介が、しっかりと体を治してYZ250Fでエントリー、世羅グリーンパーク弘楽園のダイナミックなコースでライバルたちと熱いバトルを 繰り広げた。

IA1:安原が10/9位で総合9位
ヤマハトップは8/8位で総合7位となった田中

3戦目を迎えた最高峰クラス。今シーズンよりIA1にステップアップした安原志にとってはこの第1ヒートが5レース目。しかし、最高峰の壁はそう簡 単に崩せるものではなかった。第1ヒート、スタートでは上位グループに入ったものの1周目は9番手。その後は7番手に順位を上げるも、すぐに9番手に順位 を落とし、前方の三原拓也(カワサキ)をはじめとするライバルに照準を合わせるも、攻略できないまま中盤を迎える。

すると、後方から追い上げてきたYZ450Fを駆る田中教生(TEAM TAKASE with YAMAHA)、伊藤正憲(YSP浜北大橋Racing・Muc-off)が安原に接近。ここで安原はバトルを繰り広げるが、勢いのある2人にかわされ、 最後は10位でフィニッシュとなった。ヤマハトップは、2周目に転倒しほぼ最後尾から追い上げた田中の8位、そしてこれに伊藤が9位で続いた。

優勝は1周目からトップをキープ、中盤に転倒して後方の熱田孝高(スズキ)との差を詰められながらトップを守り切った小方誠(ホンダ)。2位は熱田。3位は新井宏彰(カワサキ)とのマッチレースを制した小島庸平(スズキ)となった。

第2ヒート、安原はまずまずのスタートから、ショートカットの1周目の混戦の中、全体の中間あたりで1周目をクリア。2周目には8番手として、再び 上位を追う展開となる。安原は速いペースの序盤ですぐに7番手に順位を上げると、後方から田中、新井からの猛追を受けながらも中盤まで順位をキープする が、7周目に新井、9周目に田中にかわされ9番手に順位を落としてしまう。その後は、田中にくらいつくも徐々に離されて単独走行となった安原だったが、最 後までリズムを崩さずに走り切り、田中に続く9位でチェッカーを受けた。

トップは第1ヒートに続き、序盤から先行した小方が優勝して完全勝利。2・3位争いは、成田、三原、熱田、そして1周目の転倒から追い上げてきた新 井によるバトルとなる。この中でまず三原が2番手となるが、熱田が終盤に成田、三原をかわしそのまま2位でチェッカー。3位は、順位を落とした2名をかわ す大逆転で新井が獲得した。

IA2:渡辺が両ヒート入賞で総合5位

前大会、レース中のアクシデントでリタイアとなった渡辺祐介は、幸い大きな怪我もなく、万全の状態でこの第1ヒートに臨んだ。スタートはアウト側の グリッドを選択した渡辺は、混戦を避け、アウト側から多くをパスして、1周目を8番手につける。一方、前大会に国際A級のレースで初優勝を遂げた岡野聖 (フライングドルフィン サイセイ)がヤマハトップの 7番手とする。

前半から積極的に前を狙いたい渡辺だったが、パッシングが難しいコースと混戦で、一旦11番手まで順位を下げてしまう。この間に竹中純矢(スズ キ)、富田俊樹(ホンダ)が先行を許すこととなるが、3番手までは大きな開きがなく、十分に表彰台を狙えるポジションでレースを進める。

ところが、5周目に転倒。これで15番手あたりまで順位を落とすが、ここから挽回を開始するとライバルたちを次々にかわし15周目には5番手へ。そ の後一つ順位を落としてしまったが、6位でチェッカーを受けた。また、岡野は序盤でポジションを上げて4番手でレースを進め、中盤には能塚千尋(カワサ キ)と3位争いを展開。最後まで攻略できなかったものの表彰台に後一歩の4位で第1ヒート終えた。なお、優勝は1周目からトップを守り切った竹中、2位は 富田となった。

第2ヒート、スタートで出遅れて中団にも見込まれたまま1周目を終えた渡辺。2周目には、15番手あたりと厳しいスタートとなる。しかし、ここから 第1ヒートと同様冷静なレース運びを見せる。混戦から少しずつ集団がばらけはじめると、一人一人を丁寧にかわしていき5周目には9番手、7周目あたりには 5番手集団を視野に捉えるまでにジャンププアップを果たす。

後半に入っても渡辺の勢いは止まらず、前を走るサンタナ・ルカス・ケンジ(スズキ)とともに、順位を上げ9周目にはついに入賞圏内の6番手に浮上。 さらに前を目指した渡辺は、サンタナを照準に追撃を開始すると、ジリジリとその差を縮めると13周目、ついにパッシングに成功。その後は、サンタナとの マッチレースとなるが、最後までそのプレッシャーをしのぎ、第1ヒートを上回る5位でチェッカーを受けた。

上位陣は第1ヒートと同様に竹中がオープニングラップからトップをキープし、これを田中雅己(ホンダ)、富田、能塚らが追う展開となった。レースは 竹中と富田との接近戦で、最終ラップまでもつれ込んだが、富田が逆転で優勝。一方の竹中は、アクシデントで後退し変わって能塚が2位、田中が3位でレース を終えた。

レディース:安原さやが3位、今季2度目の表彰台を獲得

レースは序盤、邵洋子(ホンダ)、竹内優菜(ホンダ)、畑尾樹璃(カワサキ)がトップグループを作り、その後方にYZを駆る伊集院忍(TEAM KOH-Z)と安原さや(名阪レーシング)が続く。この中で、3周目に邵が転倒で脱落。これに変わって竹内がトップに浮上すると、これに食らいつけたのは 畑尾のみ、伊集院と安原は徐々に離されてしまう。

伊集院と安原は、序盤ほぼ同じペースでの周回を重ねるが、4周目に安原が逆転し伊集院が追う立場となるも、少しずつ安原が引き離していく。しかしこ の時点で上位2人とは大きな差が開いていたため単独走行となった安原は最後までポジションを守り3位でフィニッシュ。開幕戦に続き、今季2度目の表彰台を 獲得した。一方伊集院も順位を守って今季最高となる4位とした。上位も順位は変わらず竹内が今季2勝目、畑尾が2位として3戦連続表彰台を獲得した。


カテゴリー:お知らせ |タグ:               パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする

インスタグラムでフォローする