タグ:‘限定車’

12月162021

YZF-R7/YZF-R7WGP60thリリースです。

ヤマハ発動機株式会社は、「クロスプレーン・コンセプト」※1に基づき開発した688cm3エンジンを軽量フレームに搭載したスーパースポーツモデルの新製品「YZF-R7 ABS」を2022年2月14日に発売します※2。また、ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーを施した「YZF-R7 ABS WGP 60th Anniversary」を400台限定で、3月14日に発売します。

 「YZF-R7 ABS」は、「Fun Master of Super Sport」をコンセプトに開発しました。幅広いライダーからスポーツモデルとして支持を得ている「MT-07」の基本コンポーネントをもとに、最新スーパースポーツのスタイルとスポーティーなハンドリングを調和させ、幅広い技量のライダーがサーキットにおいて“扱いきれて楽しめるスーパースポーツ”を目指したモデルです。

 主な特徴は、1)扱いやすく、高揚感あるスポーティーな走りをもたらす平成32年排出ガス規制適合CP2エンジン、2)センターブレースを搭載し剛性バランスを調整した軽量フレーム、3)フロント接地感に優れる倒立式フロントサスペンションと専用設計のリアサスペンション、4)量産モデル初採用のコントロール性に優れたブレンボ製・純ラジアルマスターシリンダー、5)スポーティーなライディングポジション、6)YZF-RシリーズのDNAを継承するスタイリングなどです。市街地、高速道路、ワインディング路からサーキットでのスポーツ走行など、さまざまなシーンで、クールで楽しい走りを楽しめます。

※1: クロスプレーン・コンセプトは、慣性トルクが少なく、燃焼室のみで生み出される燃焼トルクだけを効率良く引き出す設計思想。
※2: 本モデルは、YSPおよびアドバンスディーラーのみで販売する「ヤマハモーターサイクル エクスクルーシブモデル」です。ご購入については当社Webサイト掲載の取扱店までお問い合せください。
■「ヤマハモーターサイクル エクスクルーシブモデル」取扱店 https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/yzf-r7/

WGP60thモデルは、限定400台です。

YAMAHAサイトはこちらです
2022年 YSP杉並北 2.9%クレジットキャンペーン開始します。


カテゴリー:お知らせ |タグ:           パーマリンク
7月252019

YZR-M1のイメージを再現した「シグナスX」台数限定モデルを発売Monster Energy Yamaha MotoGP Edition

シグナスX台数限定モデルを発売Monster Energy Yamaha MotoGP Edition

MotoGPマシン「YZR-M1」のイメージを再現した原付二種スクーター 「シグナスX」台数限定モデルを発売Monster Energy Yamaha MotoGP Edition
ヤマハ発動機株式会社は、空冷・4ストロークSOHC・4バルブ・124cm3エンジンを搭載した原付二種スクーター「CYGNUS(シグナス)-X」に、二輪車最高峰のレースMotoGPで活躍するレーシングマシン「YZR-M1」のイメージを再現した「CYGNUS-X」Monster Energy Yamaha MotoGP Editionを設定し、1,300台の台数限定で9月10日より発売します。


「シグナス-X」は、精悍なフロントフェイスや導光タイプのLEDテールランプといったスポーティかつ先進的なスタイルに加え、市街地の実用域でパワフルな出力特性を発揮し、優れた走行性を兼ね備えたモデルです。

 “Monster Energy Yamaha MotoGP Edition”は、スタンダードモデルをベースに、1)レースを象徴するヤマハレーシングブルーを加えた外装色、2)「YZR-M1」をイメージさせるモンスターエナジーヤマハのグラフィック、3)ゴールドカラーの音叉エンブレム、4)ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー、5)イエロースプリングの専用リアサスペンションなどを採用しました。

 なお、本製品の製造は、当社のグループ会社ヤマハモーター台湾で行います。

「シグナス-X」
Monster Energy Yamaha MotoGP Edition
・ブラックメタリックX (ブラック)
2019年9月10日340,200円
(本体価格 315,000円/消費税25,200円)
1,300台限定
(国内)


カテゴリー:お知らせ |タグ:       パーマリンク
9月162018

2018 SR400,SR400 40th Anniversary Edition 時の過ぎるのは早い

こんなに早く出てくるとは、思いもしなかったSR400ですが、40年目の特別!なSR400 40th Anniversary Editionが出てきたり、話題が尽きませんね。発売は11月ですが、早くもお問合せを頂戴しております。
思い起こせば40年前、私が塾に通っていた頃の講師が、「ヤマハの新車買ったんだ!」と見せてくれたのが、初期型のSR400でした。あれから40年なんですね。時の過ぎるのは早い・早すぎる。

SR400 572,400円 [消費税8%含む] (本体価格 530,000円)

40年目の、特別。

1978年の誕生以来、40年を迎えた今。
常にSRであり続けることにこだわってきたSRに、特別な一台が生れました。美しく、かつクラシカルな魅力を放つサンバースト塗装のタンク。手塗りによる丁寧な仕上げは、一台ごとに微妙に異なる表情を見せてくれます。さらに真鍮製の音叉エンブレム、電鋳工法により精巧に表現されたSRエンブレムなど。すべてに、限定ならではの魅力を磨き上げた一台です。

SR400 40th Anniversary Edition

SR400 40th Anniversary Edition

SR400 40th Anniversary Edition

SR400 40th Anniversary Edition

SR400 40th Anniversary Edition
691,200円 [消費税8%含む] (本体価格 640,000円)
台数限定500台

YSP杉並北オリジナルクレジットに150回払いが加わります。


カテゴリー:お知らせ |タグ:       パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする

インスタグラムでフォローする