" /> " />

タグ:‘AMAスーパークロス’

1月302016

2016 AMAスーパークロス Rd.04 オークランド

■開催日:2016年1月30日(土)
■開催地:カリフォルニア州オークランド
■会場:overstock.comコロシアム
■観客数:46,949人

450SX:C・リードが5位

5位の#22 C・リード(YZ450F)

5位の#22 C・リード(YZ450F)

2016年のAMAスーパークロス第4戦が1月30日土曜日、カリフォルニア州オークランドのoverstock.comコロシアムに46,949人のファンを集めて開催された。

Monster Energy/360fly/Chaparral/Yamaha Factory Racingからエントリーのチャド・リードはヒート2に参加して4位となり、メインイベント進出を決める。 一方、Autotrader/Monster/Yamaha/JGR teamのウエストン・パイクはヒート2で3位となり、そのままメインイベントへの出場権を手に入れるが、チームメイトのフィリップ・二コレッティはヒー ト1で9位に終わったため、セミ2に参加。ここで4位となり、メインイベントへの進出を決めた。

20周で争われるメインイベント。C・リードはオープニングラップを終えて7位で戻って来た。そして2周目にJ・ブレイトン(KTM)を抜いて6位 に上がり、さらに6周目にはJ・スチュワート(スズキ)をかわして5位に浮上する。 その後、C・シーリー(ホンダ)、J・アンダーソン(ハスクバーナ)らと5位争いを展開。順位を入れ替えながら周回を重ねたリードだったが、最後は5位で チェッカーフラッグを受けた。

一方、W・パイクは1周目を終えてリードに続く8位につける。その後、E・トマック(カワサキ)らと争い、7位前後につけて周回するが最終ラップ、8位を走行中に転倒。パイクはここでレースを終えることとなった。

P・二コレッティは好スタートを決め、1周目を終えて15位で戻って来た。4周目にはひとつ順位を上げるが、次の周、接近戦の中でわずかなミスを冒 して最後尾まで後退してしまう。いくつかミスを重ねた二コレッティは結局、トップから1周遅れの19位で第4戦を終えた。 尚、レースはR・ダンジー(KTM)が優勝を果たした。

2016年AMAスーパークロス・シリーズ第5戦は2月6日土曜日、アリゾナ州グレンデールのフェニックス大学スタジアム(University of Phoenix Stadium)で開催される。

250SXウエストで2位となった#69 C・ニコルス(YZ250F)

250SXウエストで2位となった#69 C・ニコルス(YZ250F)

250SX:C・ニコルスが初の2位表彰台!

Yamalube Star Racing Yamahaのクーパー・ウェブは15周で争われるメインイベントで先ず2位につける。トップはホールショットを奪ったC・クレイグ(ホンダ)で、ウェブ の後ろにはJ・サバジー(カワサキ)が続く。ところがクレイグはバランスを崩して転倒。これをかわしたウェブは4周目にトップに立つ。チームメイトのア レックス・マーティンも3位に浮上。

その後、レースはウェブがコントロール。トップを快走する。ところがレース終盤、トップを快走中の13周目にウェブのマシンが突然ストップ。ウェブ はエンジンを始動すべくキックを試みるが、煙が上がるのみ。その後、エンジンは息を吹き返し、ウェブは再走してフィニッシュラインを通過するが、遅れはあ まりにも大きく、優勝を目前にしながら21位でレースを終えるにとどまった。 チームメイトのA・マーティンも3位を走行中の9周目に転倒を喫し、そこでレースを終えることになった。

一方、CycleTrader Rock River YAMAHAからエントリーのコルト・ニコルスがYZ250Fを駆って快走。1周目の9位からじりじりと順位を上げ、9周目には表彰台圏内の3位へ。そし てウェブの脱落で2位に上がると、そのままポジションをキープ。2位でチェッカーフラッグを受け、自身初の表彰台に立った。

ヤマハレースサイトから抜粋しています。サイトはコチラです


カテゴリー:お知らせ |タグ:               パーマリンク
1月262016

AMAスーパークロス Rd.03 アナハイム

Rd.03 1月23日 アナハイム

RACE DATA

■開催日:2016年1月23日(土)
■開催地:カリフォルニア州アナハイム
■会場:エンジェル・スタジアム
■観客数:42,943人

REPORT

450SX: C・リードが2戦連続2位表彰台を獲得2016年のAMAスーパークロス第3戦が1月23日土曜日、カリフォルニア州アナハイムのエンジェル・スタジアムで開催された。同スタジアムでのスーパークロス開催は今季2回目。42,943人ものファンが詰めかけた。Monster Energy/360fly/Chaparral/Yamaha Factory Racingからエントリーのチャド・リードはヒート1に参加して2位に入り、難なくメインイベント進出を決める。 一方、Autotrader/Monster/Yamaha/JGR teamのウエストン・パイクはヒート2で5位に終わったため、セミ2に回ることになった。5周で争われるこのセミ2を制したパイクはメインイベントへの 出場権を手に入れた。 ジャスティン・バーシアは1月4日に負傷した手の手術のため今回は欠場。代わって前回のサンディエゴ戦でウエストン・パイクに代わって参加したチームのリ ザーブライダー、フィリップ・二コレッティがこのレースにも参加することとなった。二コレッティはヒート1で7位に終わったため、セミ2に参加。ここで2 位となり、メインイベントへの進出を決めた。
第2戦に続き2位となった#22 C・リード(YZ450F)

第2戦に続き2位となった#22 C・リード(YZ450F)

メインイベントでC・リードはオープニングラップを終えて3位で戻って来た。ホールショットを奪ってトップに立ったのはD・ミルサップス(KTM) で、2位はR・ダンジ―(KTM)。ディフェンディングチャンピオンのダンジ―は4周目にミルサップスを抜いてトップに立つ。そして6周目にはリードもミ ルサップスを抜いて2位に上がった。ここからトップを激しく追撃するリードだったが、トップのダンジ―も力走。 その後、E・トマック(カワサキ)、K・ロクスン(スズキ)、さらにJ・アンダーソン(ハスクバーナ)がミルサップスを抜いて上位に上がって来た。 そしてフィニッシュまで残り数ラップとなるとトマックがリードとの差を詰める。しかしトマックはフロントのバランスを崩してクラッシュ。代わって3位に上 がったロクスンがリードを追うが、リードはつけ入るスキを与えない。結局、YZ450Fを駆るリードがポジションを守り、トップと2秒873差の2位で チェッカーフラッグを受けた。

W・パイクは好スタートを決め、オープニングラップを終えてリードに続く4位でコントロールラインを通過する。そのままトップ5内をキープするパイ クだったが、6周目に後方から追い上げてきたトマックの先行を許し、次の周にはロクスンにもかわされてしまう。その後、ミルサップス、アンダーソンにも抜 かれ、レース中盤には7位へと後退。それでもポジションを維持していたパイクだったが、残り2周となったところで失速。結局、トップから1周遅れの14位 でレースを終えた。

欠場のバーシアに代わって参加のP・二コレッティ。オープニングラップこそトップ10内の8位で終えるが、その後は10位から12位を争いながら周 回を重ねる。しかし7周目にクラッシュ。ここでレースを終えることになった。 尚、レースはR・ダンジー(KTM)が優勝を果たした。

2016年AMAスーパークロス・シリーズ第4戦は1月30日土曜日、カリフォルニア州オークランドのoverstock.comコロシアムで開催される。

250SX: C・ウェブが開幕3連勝!

15周で争われるメインイベント。Yamalube Star Yamaha Racing Teamからエントリーのクーパー・ウェブはスタートで出遅れ、ライバルのC・クレイグ(ホンダ)、J・サバジー(カワサキ)、Z・オズボーン(ハスク バーナ)らの先行を許してしまう。 先ずトップに立ったのはクレイグで、1周目からレースをリードする。2位はサバジー。YZ250Fに乗るC・ウェブはオープニングラップの5位から徐々に 順位を上げ、4周目にはオズボーンを抜いて3位に上がる。そして6周目にはサバジーがクラッシュして脱落すると、2位に浮上したウェブは、トップを行くク レイグを追撃。

レース中盤、クレイグとこれを追うウェブの間で、順位を何度も入れ替えながらの激しいトップ争いが展開される。しかし、11周目にウェブが再びリー ドを奪うと、その後は2位以下との差を徐々に広げて行く。 一方、2位のクレイグの背後にはオズボーンが迫り、残り4周となったところで逆転。結局、ウェブ、オズボーン、クレイグの順にチェッカーフラッグを受け た。これでウェブは開幕以来の3連勝を果たした。

ウェブのチームメイト、アレックス・マーティンは好スタートを決めてオープニングラップを3位で終えるが、ウープセクションで転倒。19位で完走するにとどまった。
ヤマハレースサイトから抜粋しています。サイトはコチラです


カテゴリー:お知らせ |タグ:               パーマリンク
1月202016

AMAスーパークロス Rd.02 1月16日 サンディエゴ

Rd.02 1月16日 サンディエゴ

RACE DATA

■開催日:2016年1月16日(土)
■開催地:カリフォルニア州サンディエゴ
■会場:ぺトコ・パーク
■観客数:36,825人

C・リードが2位表彰台獲得
2016年のAMAスーパークロス第2戦が1月16日土曜日、カリフォルニア州サンディエゴのぺトコ・パークに36,825人のファンを集めて開催された。 サンディエゴでの開催は今季2回予定されており、今回はその1回目。

Monster Energy/360fly/Chaparral/Yamaha Factory Racingからエントリーのチャド・リードはヒート2に参加して2位に入り、難なくメインイベント進出を決める。一方、 Autotrader/Monster/Yamaha/JGR team のジャスティン・バーシアもヒート2に参加するが6位となったため、セミ1に参加。ここで2位に入ったバーシアは、メインイベントへの出場権を手に入れ た。バーシアはシーズン開幕前の1月4日に親指を負傷(内側側副靭帯断裂)しており、痛みに耐えながらのライディングを強いられている。 チームメイトは今回欠場のウエストン・パイクに代わってこのレースにエントリーしたフィリップ・二コレッティ。ヒート1で9位にとどまったため、セミ2に 参加。ここで5位となり、メインイベント進出を果たした。

20周で争われるメインイベント。C・リードはオープニングラップを終えて5位で戻って来た。そして次の周にはC・プーセル(ハスクバーナ)とV・ フリーゼ(ホンダ)をかわして3位へと順位を上げると、3周目にはJ・ブレイトン(KTM)を抜き去って2位に浮上。トップを行くR・ダンジ―(KTM) の追撃にかかる。YZ450Fを駆ってディフェンディングチャンピオンのダンジ―に激しく迫るリードだったが、1.479秒差の2位でチェッカーフラッグ を受けた。 新たなチーム、新たなバイクで今シーズンのAMAスーパークロスに臨んだ33歳のベテラン、C・リードは、第2戦にして早くも表彰台に立った。

一方、J・バーシアは出遅れ、15番手で1周目を終える。そこから徐々に順位を上げ、中盤にはD・ウィルソン(KTM)と争い、トップ10内まであと一歩の11位でフィニッシュした。 尚、バーシアは、負傷した親指の手術を受けることを発表している。

ウエストン・パイクの代役として参加のP・二コレッティは昨年11月以来のレース参加。オープニングラップの19位から徐々に順位を上げて行くが、 小さなクラッシュとミスを重ねてレース中盤には最後尾まで後退してしまう。結局、二コレッティはトップから1周遅れの21位でレースを終えた。 尚、レースはR・ダンジー(KTM)が優勝を果たした。

2016年AMAスーパークロス・シリーズ第3戦は1月23日土曜日、カリフォルニア州アナハイムのエンジェル・スタジアムで開催される。

ヤマハレースサイトから抜粋しています。サイトはコチラです


カテゴリー:お知らせ |タグ:             パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする

インスタグラムでフォローする