タグ:‘J.グラント’

4月292014

AMA スーパークロス Rd.16 イーストロサフォード

[youtube]http://youtu.be/FcfQkfgCOxQ[/youtube]

 

 

 

ニコレッティが12位

残り2戦となった2014年AMAスーパークロス。その第16戦がニュージャージー州イーストロサフォードにあるメットライフ・スタジアムに62,217人の大観衆を集めて開催された。

Toyota/Yamaha/JGRMX TeamのJ・ブレイトンは第13戦セントルイスと続く第14戦ヒューストンでのアクシデントで負った怪我からの回復に努めており、レースへの復帰は今シーズンのAMAスーパークロス終了後となる模様で今回も欠場。

一方、ヒューストンで負傷したチームメイトのJ・グラントは第15戦シアトルを欠場したものの、今回は出場。さらに、このレースにはブレイトンの負 傷前からP・ニコレッティのエントリーが予定されていたため、チームからはグラントとニコレッティの2選手が参加した。グラントはヒート2で6位、ニコ レッティはヒート1で8位となったため、ともにセミ1に参加。ここでそれぞれ2位、4位に入り、メインイベントへと駒を進めた。

450クラスのメインイベントのスタート前に振り出した雨で路面は滑りやすくなった。その中で、ニコレッティはオープニングラップを終えて9位で 戻って来ると、次の周には前を行くN・ウエイ(カワサキ)とR・スチュワート(スズキ)をかわして7位へと順位を上げる。しかし、混戦の中でJ・バルチア (ホンダ)、K・ロックゼン(KTM)らの先行を許してやや後退。その後は着実な走りで周回を重ねたニコレッティは、12位でゴールした。

一方、今回が負傷からの復帰戦となるグラントは1周目を19位で通過すると、コンスタントな走行に徹し、2周遅れの16位でチェッカーフラッグを受けた。

なお、レースはR・ビロポート(カワサキ)が制するとともに、最終戦を待たずにチャンピオンタイトルを獲得した。

2014年AMAスーパークロス最終戦は5月3日土曜日、ネバダ州ラスベガスのサムボイド・スタジアムで開催される。

 

 

 


カテゴリー:お知らせ |タグ:             パーマリンク
4月132014

AMA スーパークロス Rd.15 シアトル

[youtube width=”425″ height=”265″]http://youtu.be/g0SFZXijj5E[/youtube]

欠場と代役….
JGRヤマハのブレイトン(Justin Brayton)とグラント(Joshua Grant)が負傷・欠場。残すところあと2戦になりました。

順位 ライダー マシン ポイント
順位 ライダー マシン ポイント
1 R・ビロポート Kawasaki 318
2 J・スチュワート Suzuki 270
3 R・ダンジェイ KTM 267
4 K・ロックゼン KTM 249
5 J・バルチア Honda 214
6 J・ブレイトン Yamaha 196
16 J・グラント Yamaha 79
26 V・フリース Yamaha 30
27 K・チゾム Yamaha 29
31 P・ニコレッティ Yamaha 14
35 K・ラスク Yamaha 7
36 B・ラマイ Yamaha 7
40 P・モール Yamaha 1


カテゴリー:お知らせ |タグ:             パーマリンク
4月072014

AMA スーパークロス Rd.14 ヒューストン

■開催日:2014年4月5日(土)
■開催地:テキサス州ヒューストン
■会場:リライアント・スタジアム
■観客数:49,759人
ブライトンのランキングは5位ですが、何とかもっと上に行ってほしいですね!
スーパークロスも残すところ、あと3戦です。がんばれ~~
[youtube width=”298″ height=”186″]http://youtu.be/59fcToYi5wA[/youtube]

グラントがアクシデントに見舞われ21位

2014年AMAスーパークロスの第14戦がテキサス州ヒューストンで開催された。ヒューストンはデイトナとともに1974年からAMAスーパークロスの開催を続けている。レースの会場となったリライアント・スタジアムには49,759人のファンが詰めかけた。
Toyota/Yamaha/JGRMX TeamのJ・グラントはヒート1レースで5位となったため、セミ2に回ったが、ここで3位に入り、メインイベント出場を決めた。20周で争われるそのメ インイベントでは、スタート直後、8位前後を走行していたグラントの後方で2台のマシンが接触。そしてなんとコントロール不能となった1台がグラントを直 撃し、激しく転倒してしまう。これでグラントは再走することができず、ここでレースを終えることになったが、21位に認定された。グラントは、来週のレー スには参加できる見込みだ。なお、メインイベントはR・ビロポート(カワサキ)が優勝した。
一方、チームメイトのJ・ブレイトンは、先週セントルイスで開催されたシリーズ第13戦で足と小指を骨折したが、今大会にエントリー。ところが不運 にも最初のプラクティスで激しく転倒して左手を痛めてしまい、以後の走行は不可能となってしまった。ブレイトンの開幕戦以来のトップ10フィニッシュの記 録は、残念ながらこれでストップすることとなった。今後のトレーニングとレース参加については医師の診断を待つことになる。

シリーズ第15戦は4月12日土曜日、ワシントン州シアトルのセンチュリー・リンクフィールドで開催される。

順位 ライダー マシン タイム
1 R・ビロポート Kawasaki 268
2 R・ダンジェイ KTM 233
3 J・スチュワート Suzuki 232
4 K・ロックゼン KTM 215
5 J・ブレイトン Yamaha 196
6 J・バルチア Honda 176
14 J・グラント Yamaha 78
24 K・チゾム Yamaha 29
30 P・ニコレッティ Yamaha 11
34 B・ラマイ Yamaha 5
37 K・ラスク Yamaha 2
38 P・モール Yamaha 1


カテゴリー:お知らせ |タグ:             パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする

インスタグラムでフォローする