タグ:‘MFJ’

3月092015

全日本トライアル選手権 IAスーパー Rd.01 3月8日 関東

■開催日:2015年3月8日
■開催地:茨城県・真壁トライアルランド
■観客:2,500人
■気温:8度
■天候:雨のち曇り、一時晴れ
■競技:10セクション×2ラップ+SS-2セクション
■持ち時間:4時間30分(10セクション×2ラップ)
■最多クリーン数:黒山健一(ヤマハ)18

黒山健一がタイトル獲得に向けて開幕優勝、野崎史高は3位表彰台をゲット

 

全7戦が組まれたトライアル全日本選手権シリーズの開幕戦・関東大会が、あいにくの雨模様の中、真壁トライアルランドで戦いの火ぶたを切った。最高 峰の国際A級スーパークラスは14名の選手が出場、今季のヤマハはファクトリーレーシングチームから黒山健一(ゼッケン2)が4サイクルエンジンのTYS で参戦してチャンピオン奪還をめざす。また野崎史高(ゼッケン3)はサテライトチームから新たに投入された2サイクルエンジンのTYS300R(仮称)で 参戦する。競技は岩山に設けられた10カ所のセクション(採点区間)を4時間30分の持ち時間で2ラップした後、スペシャルセクション(SS)としてより 難易度が高く観客が見やすい場所に用意された2つのセクションに挑んで合計減点の少なさを競った。

雨で路面が滑りやすくなりセクションの難易度が高まる中、1ラップ目の黒山は第1セクションから第6セクションまでを唯一人、6連続クリーン(減点 0)する絶好調でスタート。しかし、1ラップ目は3時間で回らなければならないが、先に出走した国際B級や国際A級の選手もいるためセクション待ちの渋滞 が発生、1ラップ目後半は時間との戦いにもなった。第7セクションの岩山登りで黒山は出口まで走りきったものの、セクションを走るために与えられた1分間 の持ち時間を越えたため減点5を喫してしまう。次の第8セクションは泥の急斜面を上り下りするものでセクションが長く時間がかかることから多くの選手がタ イムオーバーで失敗していたが、黒山は時間内に見事走破して減点3。1ラップ目終了時点で合計減点8の黒山がトップに立つとともに、2番手の小川友幸(ホ ンダ)減点13に5点差をつけた。その小川と1点差の減点14で野崎が3番手。1つの失敗があれば順位が変わる、まだまだ予断を許さない状況だった。

2ラップ目、黒山はまたも第5セクションまでを5連続クリーンする好調ぶりを見せたが、岩山の頂上にある第6セクションの出口の岩上りを上がれずに まさかの失敗。その悔しさを大きな叫びにする黒山だった。だが、第7セクションを今度はしっかりとクリーン。第8セクションも再び減点3で走破した。結 果、2ラップ目も減点8でこなした黒山がトータル16点でトップの座を守った。とはいえ、2ラップ目に追い上げた小川(友)が18点で、黒山と僅か2点差 に迫っていた。また、3番手は小川毅士(ベータ)29点。野崎は30点で4番手となっていた。 こうして迎えたSSは、2つのセクションを鮮やかにクリーンした黒山が大観衆の拍手大喝采を浴びながら待望の開幕戦優勝を獲得し、ファクトリーチームでの 王座奪回に向けて好スタートを切った。黒山と7点差で小川が2位。タイムオーバーの減点を加算した結果、野崎が小川(毅)を逆転して3位表彰台をゲットし た。

次回第2戦・近畿大会は4月19日、奈良県の名阪スポーツランドで行われる。


カテゴリー:お知らせ |タグ:             パーマリンク
11月032014

2014全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦 MFJGP

中須賀選手がやりました!国内最高峰クラス3連覇、前人未踏5回目のチャンピオンを獲得した#1中須賀克行選手&YZF-R1

国内最高峰クラス3連覇、前人未踏5回目のチャンピオンを獲得した#1中須賀克行選手&YZF-R1

国内最高峰クラス3連覇、前人未踏5回目のチャンピオンを獲得した#1中須賀克行選手&YZF-R1

■大会名称:2014全日本ロードレース選手権シリーズ第8戦 MFJGP
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2014年11月2日(日)
■会場:鈴鹿サーキット(5.821Km)
■周回数:第1レース13周/第2レース10周
■観客数: 14,000人 ■天候:曇り後雨 ■コース:ドライ&ウエット
■PP(第1レース):中須賀克行(ヤマハ/2分18秒697)
■PP(第2レース):中須賀克行(ヤマハ/2分19秒803)
■FL(第1レース):中須賀克行(ヤマハ/2分08秒365)
■FL(第2レース):加賀山就臣(スズキ/2分17秒211)

 

第1レース優勝、第2レースで2位を獲得!中須賀が国内最高峰クラスで3連覇、前人未踏5回目のチャンピオンを獲得!

中須賀克行が、レース1でポールポジションからスタートして優勝。レース2では同じくポールポジションからスタートして2位となり、平忠彦氏、藤原 儀彦氏に続き史上3人目となる国内最高峰クラスでの3連覇を達成。さらに史上初となる最高峰クラスで5回目のチャンピオンを獲得した。

ウエットコンディションとなった予選で、中須賀はQ1、Q2ともにトップタイムをマークすると、第1レース、第2レースともにポールポジションを獲得。今季、全8レース中6回のポールポジションを獲得し、決勝に臨んだ。

ウエットレース宣言が出されたもののドライ用スリックタイヤでの戦いとなった第1レース。中須賀はスタートで珍しくミスをしてしまいポジションを下 げるが、オープニングラップを終えるまでにトップ加賀山就臣(スズキ)に次ぐ2番手へと挽回。そして3周目の逆バンクでは高橋巧(ホンダ)に抜かれて中須 賀は3番手となるが、この周の西ストレートから130Rで中須賀は一気にトップに浮上する。

この後は、中須賀と高橋の一騎打ちとなるが、ウエットレース宣言のために12周に減算されたレースの11周目、中須賀は2分08秒365のファステストラップを叩き出すと、最終ラップにはバックマーカーを利用して高橋との差を開き今季4勝目をマークした。

このレース1の結果、ポイントリーダーの中須賀は、ランキング2位の高橋に10ポイントの差をつけて第2レースに臨むことになった。しかしこのレースは、事前に雨が降ったことにより路面コンディションが一変。ウエットコンディションとなり、10周で争われることになった。

ホールショットを奪ったのは山口辰也(ホンダ)だったが、オープニングラップでの攻防で高橋がトップに立ち、中須賀は2番手で戻ってくる。そして第 1レースと同様に高橋と中須賀が後続を引き離しにかかるが、4周目の2輪シケインで高橋がコースオフ。その後、トラブルにより高橋がマシンを止めると、こ の瞬間に中須賀の国内最高峰クラスでの3連覇が決定した。

高橋がマシンを止めた後、中須賀はトップを独走するが、そのラップタイムを上回るタイムで加賀山が急接近。そして8周目の130Rで加賀山にトップ の座を明け渡すが、その後は無理に追うことはせずにリスク回避の走りに徹して2位に入り、表彰台の上から3連覇の喜びをスタッフやファンと分かち合った。

 

 

 


カテゴリー:お知らせ |タグ:       パーマリンク
10月262014

全日本トライアル選手権 IAスーパー Rd.07 10月26日 東北大会

■開催日:2014年10月26日
■開催地:宮城県・スポーツランドSUGO
■観客:750人
■気温:22度
■天候:晴れ
■競技:12セクション×2ラップ+SS-2セクション
■持ち時間:4時間(12セクション×2ラップ)
■最多クリーン数:野崎史高(ヤマハ)34

2位の野崎史高

2位の野崎史高

 

優勝しランキング2位となった黒山健一

優勝しランキング2位となった黒山健一

 

黒山健一&野崎史高、ワンツー・フィニッシュ!

いよいよ迎えた最終戦を前にして、黒山健一(ヤマハ)と野崎史高(ヤマハ)は同じ95ポイントでポイントランキング2位、3位となっていた。同1位 の小川友幸(ホンダ)とは16ポイント差があり、今回黒山か野崎が勝ったとしても小川(友)が完走すれば逆転はできないという状況だったが、もちろん勝負 は最後までどうなるかわからない。黒山と野崎にとってはどちらがランキング2位になるかという勝負所でもあるが、前回初優勝した小川毅士(ベータ)が6ポ イント差に迫っているため、小川(毅)がもしも連勝して黒山か野崎のどちらかが今回4位となった場合には、小川(毅)に逆転されランキング4位に落ちてし まう可能性もあった。

黒山と野崎にとってまさに負けることができない競技は、まず12セクションを4時間の持ち時間(注・1ラップ目の持ち時間は3時間)で2ラップ。そ の後、インターバルをはさんで観客が見やすい場所に用意されたより難易度の高い2つのスペシャルセクション(SS)に挑んだ。当日は秋晴れの好天に恵まれ て路面状態も良く、わずかなミスも許されない神経戦となった。トップライダーたちが次々とセクションをクリーン(減点0)で走破していく中、小川(毅)が 第7・第8セクションで大きく減点を重ね、クリーン合戦から脱落。この第7・第8の勝負所を黒山は減点1で切り抜けて、減点5の小川(友)や減点7の野崎 をリードした。

1ラップ目終了時点のトップ3は、黒山・減点3がトップに立ち、小川(友)減点5、野崎・減点7で追う。失敗=減点5があれば逆転されてしまう、ま だまだ予断を許さない点差だった。2ラップ目は野崎がなんと12セクション全てをクリーンする猛烈な追い上げを見せた。一方、黒山も1ラップ目と同じ減点 3に抑えた。2ラップのトータルは黒山が減点6でトップのまま。その黒山に野崎がわずか1点差の減点7で迫った。小川(友)も減点10で逆転を狙える位置 につけていた。手に汗握る勝負はとうとうSSへともつれ込んだ。

多くの観客が固唾をのんで見守る中、SSひとつめのセクションはコンクリートからコンクリートへと飛び移るもので、最初に挑んだ選手は失敗するなど 気を抜けない設定だった。ここをトップ3は野崎、黒山、小川(友)の順で次々とクリーン。ついに決着は最終セクションでつけられることになった。ふたつめ のSSは巨大タイヤを連続して越えていくもので、派手な転倒シーンも多く見られた。だが、黒山と野崎はここもクリーンして、この2人だけがSSをパーフェ クトにしめくくった。こうして黒山が1点差で今季2勝目を獲得。野崎は2位。タイトル奪回は成らなかったが、ヤマハ・コンビが今季初のワンツー・フィニッ シュを決めて来季の反撃を誓った。


カテゴリー:お知らせ |タグ:           パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする

インスタグラムでフォローする