タグ:‘MXGP’

8月012015

モトクロス世界選手権 MXGP Rd.13 7月26日 チェコGP

■大会名称:2015年モトクロス世界選手権第13戦チェコGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2015年7月26日
■開催地:ロケト(コース長:1,630m)
■観客数:24,000人

フェーブルが両ヒート優勝

Yamaha Factory Racing Yamalubeのロマン・フェーブルは、ロケトで開催されたチェコ・グランプリで両ヒートを制し、全18戦の選手権のうち13戦を終えて5回目の優勝を 果たした。 また、フェーブルは最多のヒート優勝を記録。最も多くの周回数でレースをリードし、最も多く表彰台に立っている。さらにフェーブルは今日、YZ450FM を駆って今年2度目となる両ヒート優勝を果たし、選手権でのリードを拡大した。フェーブルの他、ヤマハはMX2、WMX、そしてEMX300でも勝利を挙 げた。

舞台となるロケトは、新しいジャンプとコーナーセクションが加えられ、スタートゲートが元の位置に戻されてレイアウトが変更された。それでも石が多 く滑りやすいコースはそのままで、トラクションとグリップに関するライダーの広範な感覚が試される。また、流れるような、そして比較的楽なコース部分の ハードパックによって、テクニカル面の鋭さは増している。

土曜日の予選ヒートを制して今シーズン2度目となるポールポジションを獲得したフェーブル。24,000人の観客が見守る中、スタート直後にE・ボ ブリシェブ(ホンダ)に続く2位につけてチャンスを待つフェーブルは、ボブリシェブがペースをやや落とした6周目にこれを抜いてトップに立った。ここから フェーブルは2位以下との差を拡げてそのままフィニッシュ。8度目となるヒート優勝を果たした。

第2ヒートではフェーブルはC・ドゥサル(スズキ)の抵抗を受け、やや厳しい戦いを強いられる。順位を入れ替えながら激しく争う2選手だったが、7 周目にフェーブルが優位に立つ。その後ボブリシェブも加わって3選手がレースをリードするが、フェーブルが最初にチェッカーフラッグを受けた。

ジェレミー・ファン・フォルベークは総合5位となった。第1ヒートでまずまずのスタートを決めると、すぐに5番手まで上がり、ドゥサルの追撃を開始 する。両選手は19周で争われるレース全体を通して、その差が拡縮しつつも固まって周回を重ねる。そして、G・ポラン(ホンダ)がクラッシュした際にひと つ順位を上げたファン・フォルベークは、そのまま4位でフィニッシュした。 第2ヒート、スタートでトップ集団とともにゲートを出ることができなかったファン・フォルベークは、後方からの追い上げを強いられてしまう。12番手から 順位を上げるファン・フォルベークはK・ストライボス(スズキ)に続く5番手まで挽回したところでチェッカーフラッグを受けた。

DP19 Yamaha RacingのD・フィリッパーツは第1ヒートでトップ10入りに向けて奮闘するが、ゴールまで残り3周となったところでクラッシュ。右腕に切傷を負い、 6針縫うこととなってしまう。フィリッパーツは頭部も打っており、転倒による影響は大きいため第2ヒートへの参加を断念した。

世界チャンピオンのトニー・カイローリ(KTM)は、骨折した腕の固定のためにチェコ・グランプリへのエントリー、および今後の日程へのエントリー を見合わせる選択をした。このためMXGPのランキングで現在2位のG・ポランに88ポイントの差をつけて首位にいるフェーブルにとっては有利な展開と なった。ファン・フォルベークも調子を上げており、現在294ポイントで8位に位置している。フィリッパーツは13位。

ロケトに続くMXGP第14戦ベルギー・グランプリは次週、難しいサンドコースのロンメルで開催される。

 


カテゴリー:お知らせ |タグ:           パーマリンク
6月222015

2015 モトクロス世界選手権 Rd.10 6月21日 ドイツ

■大会名称:2015年第10戦ドイツGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2015年6月21日
■開催地:トイチェンタル(コース長:1,780m)
■観客数:32,000人
■天候:晴れ/曇り

ランキングトップに立ち、レッドプレートを手にした#461 R・フェーブル

ランキングトップに立ち、レッドプレートを手にした#461 R・フェーブル

MXGPで3連勝を飾った♯461 R・フェーブル

MXGPで3連勝を飾った♯461 R・フェーブル

#461 R・フェーブル (YZ450FM)

#461 R・フェーブル (YZ450FM)

4位/4位で総合4位となった#89 J・ファン・フォルベーク (YZ450FM)

4位/4位で総合4位となった#89 J・ファン・フォルベーク (YZ450FM)

フェーブルがMXGP3勝目を挙げ、ポイントランキングトップに!

2015年MXGPモトクロス世界選手権でYamaha Factory Racing YamalubeのR・フェーブルが、ハードパックのトイチェンタルのコースで素晴らしい走りを披露し、3連勝を飾った。シリーズランキングではM・ナグ ル(ハスクバーナ)に9ポイント差をつけトップに立ち、「レッドプレート」を手にしたフェーブルは、MXGP参加初年度にしてタイトル争いに確実にからん でいる。チームメイトのジェレミー・ファン・フォルベークは3位と同ポイントの総合4位となった。

タルケッセルのコースはステップアップとステップダウンのジャンプの組み合わせが、狭い走路に縫うように続き、最上級クラスの選手たちのラップタイ ムが拮抗していることから、追い越しと順位の入れ替えは、しばしばライダーの冒すミスによって起こる。全18戦で争われるMXGPの後半戦に入る本大会 は、プラクティスと予選が行われた土曜日の寒風に比べ、日曜日には気温も上がり、32,000人の観客がつめかけた。

フェーブルは土曜日の予選ヒートで力走して2位、ファン・フォルベークがこれに続く3位に入ると、第1ヒートのスタートでリードを奪ったD・フェリ ス(ハスクバーナ)を追ってYZ450FMのパワーにものをいわせる。フェリスを追撃し、2周目にこれを抜いてトップに立つと、後続のE・ボブリシェブ (ホンダ)との差を維持しつつミスを最小限にとどめるべく努め、フェーブルはそのまま4戦連続となる勝利のチェッカーフラッグを受けた。 第2ヒートで、フェーブルはフェリスとG・ポラン(ホンダ)とともに3選手によるトップグループを形成する。 総合優勝に必要な順位である2位に上がると、フェーブルはG・ポランを抜こうとするが、ゴーグルのレンズが外れてその進撃を妨げ、2位をキープしてゴール し、再び総合優勝を手にした。

足の骨折以来、回復に努めていたファン・フォルベークはピーク時の体力とレーススピードが戻りつつあり、第1ヒートでは4位を単独走行。3位を行く ポランの背後に迫るには至らず、そのまま4位でフィニッシュした。 第2ヒート、ファン・フォルベークは1周目にトップ5に割って入るものの、急な登り坂でフェリスとの間隔が近く、ほとんど接触し転倒してしまう。 YZ450FMを立て直したファン・フォルベークは果敢に追い上げ、最終ラップにフェリスを抜いて4位でフィニッシュした。この結果、ファン・フォルベー クはK・ストライボス(スズキ)と同ポイントとなったが、3位はストライボスのものとなり、表彰台でのシャンパンファイトを逃した。

DP19 Yamaha RacingのD・フィリッパーツは不運にも土曜日の予選ヒートの1周目にM・ナグル(ハスクバーナ)のバイクにヒット。先週、母国イタリアで開催された グランプリで快走、惜しくも表彰台を逃したフィリッパーツは右肩を痛めてしまう。32歳のフィリッパーツは第1ヒートでほとんどの周回を11位につけて走 行していたが、K・デ・ディッカー(KTM)の転倒により10位でフィニッシュラインを通過した。第2ヒートでは岩でラジエターを壊して水を失い、エンジ ンの停止を招いてリタイアを余儀なくされた。

MXGP世界選手権のポイントランキングは現在、フェーブルが2位のナグルに9ポイントの差をつけてリードしている。ファン・フォルベークは負傷によりグランプリ2戦を欠場した後、挽回して現在8位。フィリッパーツは13位に位置している。

MXGPはこの後、1週間のブレークに入り、フェーブルとファン・フォルベークはともにMotoGPオランダ大会を訪問する予定。次戦スウェーデン・グランプリは7月4~5日にウッデバラで開催される。


カテゴリー:お知らせ |タグ:               パーマリンク
6月152015

2015 モトクロス世界選手権 Rd.09 6月14日 イタリア

■大会名称:2015年第9戦イタリアGP
■カテゴリ:MXGP
■開催日:2015年6月14日
■開催地:マジョーラ(コース長:1,700m)
■観客数:36,000人
■天候:晴れ/曇り

フェーブルが見事2連勝!

全18戦で争われる2015年MXGPの第9戦イタリア・グランプリの舞台は3年連続開催となるマジョーラ。改修されアップグレードしたサーキット には日曜日朝の豪雨にもかかわらず36,000人のファンが詰めかけた。湿地状態のコンディションの中、Yamaha Factory Racing YamalubeのR・フェーブルがMXGPで2連勝を飾った。第1ヒートではフェーブルをトップにD・フィリッパーツとJ・ファン・フォルベークがトッ プスリーを独占。YZ450Fによる1-2-3フィニッシュを実現した。

予想されていた雨は土曜日の午後遅くまで降らなかったため、マジョーラのハードパックは通常のままで、固められた路面とわだちとうねがないことか ら、ライダーたちはこの高速コースを比較的走り易いと評していた。 日曜日の天候は極端なものとなった。雷雨に加えて土砂降りの雨が何度か降ってグランプリ中止の恐れを抱かせ、MX2のウォームップではEMX300第2 ヒート同様、赤旗が提示された。モンスーンは午前中半ばには勢力が衰え、湿気と温度が濡れた路面を乾かし始めたが、暗雲は垂れこめたままだった。マジョー ラではヤマハの創立60周年に合わせて2016年プロダクションマシンのローンチが行われた他、Yamaha Factory Racing Yamalubeの選手は特徴的な黄色の“マルハナバチ”衣装をまとって大いに盛り上がった。

第1ヒートで前回のフランスGPを制したフェーブルは、ホールショットを奪ったフィリッパーツの後方に続くと2周目にトップに立つ。そこから滑りや すく難しい路面を攻め、フィリッパーツにほぼ25秒ものマージンを築きフェーブルが1位となった。左腕の負傷を押して参加しているA・カイローリ (KTM)が一時3位につけるが、J・ファン・フォルベークが迫り、すぐに前世界チャンピオン、カイローリをかわして3位に上がる。これにより3台の黄色 いYZ450Fがトップ3を占めるという写真撮影には完璧な展開となった。

第2ヒートまでにイタリアの空が怪しい雲行きとなるものの、幸い路面はドライのままだった。オープニングラップの登り坂でS・シンプソン(KTM) とほとんど接触しかけ、スロープの反対側でクラッシュしてしまう。ハンドルバーが曲がり、フロントブレーキを破損したものの、フェーブルは追い上げを開始 して6位でフィニッシュ。2位のK・ストライボス(スズキ)と3ポイント差で優勝を果たした。

フィリッパーツはシンプソン、K・デディッカー(KTM)、さらにフェーブルらと4位争いを展開した。17周で争われるレースの15周目、2008 年世界チャンピオンのフィリッパーツはポディウムフィニッシュ圏内に入ると、その走りにイタリア人の観客が喝采を送る。ストライボスが最終ラップに順位を 上げて第2ヒートを制したため、フィリッパーツは第2ヒートを7位でフィニッシュし総合4位に後退してしまうが、それでもフィリッパーツにとって最上級ク ラスでこの3年間のベストリザルトとなった。

ファン・フォルベークは第1コーナーでE・ボブリシェブ(ホンダ)に追突されて最後尾まで落ちて再スタートしたが、その後見事な走りで一団の中に割って入り、9位まで順位を上げてフィニッシュ。総合成績では5位となった。

その目覚ましい走りと見事な結果で、MXGPルーキーのフェーブルはポイントランキングで1位のM・ナグル(ハスクバーナ)との差38ポイント差の 3位につけている。 ヤマハのMXGPクルーはこの後、ハレ市に程近いトイチェンタルにあるタルケッセルで次週開催されるドイツ・グランプリに向けて移動する。


カテゴリー:お知らせ |タグ:             パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする

インスタグラムでフォローする