タグ:‘YSP Racing’

5月122014

全日本モトクロス選手権 Rd.03 5月11日 中国大会

■大会名称:2014全日本モトクロス選手権第3戦中国大会
■開催日:2014年5月11日(日)
■会場:広島・グリーンパーク弘楽園
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート
■天候:晴れ ■観客:3,850人
IA2:総合9位を獲得した#38 渡辺祐介(YZ250FM)

全日本モトクロス選手権・第3戦がグリーンパーク弘楽園(広島県)で開催された。決勝日は五月晴れの観戦日和となったが、開幕戦、そして前回の関東大会に て負傷したYAMAHA YSP Racing Teamの平田優と田中教世(ともにIA1クラス)は、それぞれ順調に回復しているものの、今大会を欠場。一方、IA2クラスに参戦する渡辺祐介も前回の 第1ヒートで負傷したが、インターバルで回復を図り、戦線に復帰。体調は万全ではなかったが両ヒートともに完走し、第1ヒートは7位、第2ヒートは11位 で総合9位、また名阪レーシングの安原志が総合6位となった。最高峰のIA1クラスでは、伊藤正憲(RIDEZMuc-Off YSP浜北大橋)が総合11位。またレディースクラスは、安原さや(名阪レーシング)が3位として、開幕戦から3戦連続の表彰台に立った。
YSP福山をはじめとするYSP応援団の皆さまとヤマハライダー

IA2:安原志が総合6位、渡辺祐介は総合9位
富田俊樹(ホンダ)のホールショットでスタートした第1ヒート。この富田に続き、勝谷武史(カワサキ)、田中雅己(ホンダ)らが続く。YZ250Fを駆る安原志は6番手、渡辺祐介は7番手。ところが安原は、2周目に転倒し後退、変わって渡辺が6番手に浮上する。
レースは、すぐに勝谷がトップを奪うと、一気に後続との差を開き独走態勢を築いてレースを決める。一方2番手争いは混戦となり、前半は富田を先頭 に、6番手の渡辺、さらに転倒から巻き返し7番手まで順位を上げた安原までが、ほぼ等間隔でレースを展開する。その中で渡辺は、5番手の岡野聖(スズキ) を追ったが、中盤以降徐々に離され、これに変わり、今度は安原が上位4台を追うも、上位陣と同様のペースでその差は詰まらない。後半に入ると単独走行と なった安原は6位入賞、渡辺は安原には離されたが、最後まで安定した走りで後続を寄せつけず7位となった。
優勝は勝谷。2位は富田、能塚智寛(カワサキ)が順位を入れ替えながら争っていたが、終盤、5番手の岡野がスパート、田中、富田、能塚の3人を抜き去り2位を獲得。3位には富田に競り勝った能塚が入った。
第2ヒートも、勝谷が1周目からトップに立ち序盤から独走、2番手は岡野、能塚、富田というオーダーでの争いとなったが、今回は岡野が後退。残った能塚、富田のバトルとなり、富田が逆転して2位、3位は能塚となった。
渡辺は、スタート直後に接触があり、1周目は集団に飲み込まれ17番手からの追い上げを強いられ、密集した中でのレースとなったが、それでも着実ポ ジションをアップして10番手へ。ところが後半に入るとペースを乱し、11位でフィニッシュした。また安原も出遅れながら序盤で挽回して6番手までポジ ションを上げたが、終盤に順位を落とし9位でチェッカーとなった。
レディース:安原さやが3位で3戦連続表彰台を獲得

ここまで2戦連続で表彰台を獲得してきたが、スタートの遅れなどが響き優勝にあと一歩届いていない安原さや。しかし今大会は、好スタートを切り、1周目を邵洋子(スズキ)、竹内優菜(ホンダ)に続く3番手で終え、4番手以下を引き離し、優勝争いを展開する。
この中で安原はマシンをプッシュし続けるが、3人とも抜群の安定感と、僅差のペースで、付かず離れずの状況が終盤まで継続する。レースが動いたのが ラスト2周、トップの邵がコースアウトして、一瞬スローダウンした隙に竹内が逆転に成功。安原はこの機会を活かせず、竹内が今季2勝目、2位は邵、安原は 3位とし、今回も優勝には届かなかったものの、3戦連続での表彰台獲得となった。


カテゴリー:お知らせ |タグ:           パーマリンク
4月272014

2014 全日本ロードレース選手権 Rd.02 オートポリス

■大会名称:2014全日本ロードレース選手権シリーズ第2戦 オートポリス大会
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2014年4月27日(日)
■会場:オートポリスサーキット(4.674Km)
■周回数:19周
■観客数:11,300人 ■天候:晴れ ■コース:ドライ
■PP:渡辺一樹(カワサキ/1分47秒657)
■FL:高橋 巧(ホンダ/1分48秒593)

 


怪我で満身創痍ながら中須賀克行が2位を獲得ポイントリーダーを堅守

大会1週間前に行われた事前テストで転倒し、右手首と左肩を痛め、レースウイーク金曜日の転倒で右足首を負傷した中須賀克行。しかし、満身創痍の状態でありながらレースでは2位の表彰台を獲得し、ポイントテーブルで首位をキープした。

予選では、痛めた肩と手首の影響から、コーナーでマシンを抑えきれず、幾度となくラインを外すシーンが見られたが、6番手タイムをマーク。そして決勝レースでは、好スタートを切ると、オープニングラップを4番手で終了する。

しかし、レース序盤の戦いは激しく、中須賀とともに柳川明(カワサキ)、津田拓也(スズキ)、渡辺一樹(カワサキ)、高橋巧(ホンダ)、山口辰也(ホンダ)らが、各コーナーで隙をうかがい、そして順位を入れ替える状態が続く。

12周目、3番手の中須賀がファステストラップ1分48秒816をマーク。するとトップの高橋は13周目に1分48秒803で応酬。さらに中須賀は14周目に1分48秒731を叩き出すと、今度は15周目に2番手の渡辺が2分48秒728をマークする。

ファステストラップを更新しながら続いた高橋、渡辺、中須賀の戦いは、同時に4番手の柳川以下を引き離すことになったが、16周目に1分48秒 593を叩き出したトップ高橋が、その後も好タイムで周回して優勝。中須賀は、レース終盤で渡辺と激しい2位争いを展開し、最終ラップの第1コーナーで渡 辺をパスすると、0.394秒差で2位となった。


カテゴリー:お知らせ |タグ:         パーマリンク
4月252014

2014 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦 スーパーバイク レースinもてぎ

YSP Racingを応援しに行こう♪会場内にYSPブースをご用意してお待ちしております。YSPテントにてドリンクもサービスです!
チケットの価格は下記の通りです。
・YSP特別価格(グッズ込み) 4,500円(税込み)
・チケットのみ 3,300円(税込み)
・学割チケット(グッズ込み) 3,000円(税込み)
・学割チケットのみ 1,650円(税込み)
・駐車券 1,500円自動車(税込み)
・オートバイ駐車無料
駐車場案内
http://www.twinring.jp/ticket_m/2014/superbike/parking/index.html

2014全日本RRもてぎポスター

2014全日本RRもてぎポスター

 

■ 大会名 2014 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第3戦
スーパーバイク レースinもてぎ
■ 開催場所 栃木県芳賀郡茂木町 ツインリンクもてぎ
ロードコース フルコース(1周=4.801km)
■ 開催日程 5月24日(土) 公式予選・J-GP3 RACE1決勝
5月25日(日) 決勝レース
※J-GP3クラスは2レース制
■ 主催 一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)
株式会社モビリティランド
■ 公認 国際モーターサイクリズム連盟(FIM)
■ 後援 茂木町/FM NACK5
■ 協力 エムオースポーツクラブ(M.O.S.C.)
■ 開催クラス JSB1000/J-GP2/J-GP3(2レース)/ST600

2013MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦もてぎで3位入賞


カテゴリー:お知らせ |タグ:     パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする

インスタグラムでフォローする