7月302018

ユーザーボイス 2018 MT-10 M様から頂きました。

先日納車させて頂いた、MT-10のお客様からファーストインプレッションを頂戴したので、掲載させて頂きます。
ありがとうございます、MT-10にご興味のある方は必見です。

◆購入のきっかけ
乗車姿勢が楽で疲れにくく、スポーツ走行時の性能が出来るだけSSに近い、
尚且つ、キャリアを装着してあまり違和感のないデザインで、
キャリアとは別にタンデムシートへの積載が可能なバイクが欲しくなったためです。

◆性能評価(直近所持していたGSX-R750との比較です)
※5点満点、()内の数字はGSX-R750の点数

・加速性能 4(4)
→常用域で不満なし、排気量の差もあり、GSX-R750とほとんど差はないと思われます。
リッターSSなどと比較した際に、高速域では差が出てきそうな感じです。

・ブレーキ性能 4(5)
→良く効き、コントロールもしやすいです。あえて言うと、ブレーキマスターの差、
ハンドルがバータイプであることから、強くフロントブレーキをかけた時のフィーリングが
若干ぼやっとしています。
とはいえ、SSとの比較なので必要充分以上な性能は兼ね備えていると思います。

・積載性能 3(2)
→タンデムシート自体は小さめなので、MT-10も積載性能が高いという訳ではないです。
但し、キャリア装着が容易かつ、ビジュアルにもあまり影響が出にくい為、SSよりは上だと思います。

・風防性能 3(3)
→ネイキッドなので仕方ないことですが、やはり風圧を感じます。
スクリーンを取り付けるとそこそこ緩和されますが、高速域ではそこそこ振られますので、
SSには敵いません。スクリーンはワイズギアのものがデザインもぴったりでオススメです。

・足つき性能 3(3)
→身長180cm、足の長さは普通~短めくらいの私が乗車して、両足がかかとまでついた状態で
膝に少し余裕があります。GSX-R750に比べると若干足つきが悪いのですが、
ハンドルポジション、乗車姿勢などの関係で大体同じくらいの足つき感だと思います。

・排熱 2(3)
→YZF-R1譲りのクロスプレーン型4気筒エンジンの影響か、とにかく熱いです。
過去乗っていた大型バイクの中で一番熱いのではないでしょうか。

・燃費性能 2(3)
→排熱同様、燃費も良くありません。現在慣らしを5000回転縛りで実施していますが、
それでも下道になると14km/l程度の燃費となります。
高速道路だけをゆっくり走っていれば20km/h程度になると思いますが、
同クラスの国産オンロードバイクに比べて良くはないと思います。

・出力特性 5(4)
→普通の並列4気筒エンジンは、リニアで、右肩上がりに、無機質な出力を出すイメージですが、
MT-10のクロスプレーン型4気筒エンジンは、右肩上がりに出力を出しつつも、直線的ではなく
曲線的に出力が伸びていくようなイメージがあります。
トルクが出始めるポイントでアクセルを捻った際には、情熱的かつ有機的に、
心に訴えかけるような盛り上がりで出力されていくので、とにかく楽しく官能的なエンジンです。
『マスター・オブ・トルク』の名に相応しいバイクだと思います。

・安心感 5(4)
→MT-10に乗ってみて、まず最初に感じたことは乗っていて不安感がない、ということです。
トラクションコントロールの恩恵なのかは不確かですが、雨の中でなくとも、
全体的にバイク自体が路面に吸い付いているような安心感を感じます。
勿論、ウェット路面でも同様で、走行モード1(一番パワーの鋭いモード)でも、
全く滑りそうな挙動を感じず、安心してアクセルを開けることが出来、
自分が上手くなったのか?と勘違いしてしまいそうになります。

・所有欲 5(4)
→力強く、荒々しく、強調されたマッシブさを持つバイクで、景色に溶け込むようなバイクではなく、
むしろ異質さから目を引くバイクだと思います。
このデザインが好きになれる方であれば、間違いなくオンリーワンの所有欲を満たせると思います。
自分は、過去にB-KINGに乗りたかったこともあり、かなり満足度が高いです。

★総評
走って楽しい、見て楽しい、ツーリングからスポーツ走行までなんでもお任せ
幅広い用途を高次元でこなせる唯一無二のオールラウンダーなバイクを求める方にはオススメです



カテゴリー:お客様の声 お知らせ |タグ:       パーマリンク

▲ページの一番上へ

このサイトを購読する

ツイッターでフォローする

インスタグラムでフォローする